ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダルビッシュ翔容疑者 賭け金総額5億円、テラ銭5000万円か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月26日、野球賭博の開帳図利(とり)と常習賭博の容疑で大リーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有投手(29)の弟で、人材派遣業を営むダルビッシュ翔容疑者(26)が大阪府警に逮捕された。

 捜査関係者によれば、翔容疑者は地元の友人グループなどでLINE上に賭場を開いていたが、この他にも賭場を持っていた可能性があるという。

「これまで通信会社の協力を得てLINEや電話、メールの履歴を複数回とってきた。常習賭博ならばすぐにでも逮捕できたが、そうしなかったのは、翔の背後にある賭博組織を把握するためだ。

 彼のような立場は『アンテナ』や『枝』と呼ばれる。大きな賭博組織の支部のようなもので、LINE履歴などを見る限り、翔は複数の賭場を管理する立場にあった。彼から上部組織を辿れる可能性もある」(捜査関係者)

 その見通しについて捜査関係者の口は堅いが、府警は1年間に及ぶ大量の証拠を握っている。その重要証拠の1つであるLINE履歴を本誌は独自入手した。LINE履歴の中にはレンジャーズの試合に関する翔容疑者の書き込みもあった。ただし、大リーグの試合の儲けは組織的なものではない、と別の捜査関係者はいう。

「組織的な野球賭博は日本のプロ野球のみ。ハンデ師は大リーグ事情に精通していないからです。翔は大リーグに関しては、独自にハンデを作っていた可能性が高い」

 今回の事件では「胴元(翔容疑者)は儲け金の10%をテラ銭(手数料)として得ていた」(同前)とされるが、それが丸々翔容疑者の懐に入ったわけではないだろう。「アンテナの場合、テラ銭の何割かを上部組織に収めることになるのが普通」(暴力団関係者)だからだ。だが、大リーグの試合が独自のものであれば、テラ銭は全て手に入る。

「発表されたのは1850口だが、翔の賭場の規模から考えると、日本のプロ野球で全試合開いていたとすれば、総額5億円程度の賭け金があったと見られる。つまりテラ銭は5000万円。大リーグ分の利益がどれほどあったのかはわからないが、それなりの儲けにはなっていたはず」(前出・捜査関係者)

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダルビッシュ翔容疑者 逮捕の瞬間「ふん……」と溜息ついた
ダルビッシュ翔容疑者 兄を助けたり泣いて詫びた「深い絆」
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。