ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

介護業界 職員は過酷な環境で働き不安やストレスを抱える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月6日、神奈川県川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、2か月の間に3人の入居者がベランダから転落死していたことが発覚した。

 施設では、暴力や虐待が常態化していたとされ、転落死に関与した疑いの強い職員がいることも報じられた。入居者の家族は、職員が頭を叩くなど暴力をふるう様子を収めたビデオ映像を公開。事件後の調査で、同じ経営母体が運営する千葉県の老人ホームでも転落死亡事故が起きていたことがわかるなど、次から次へと、“塀の中の地獄”が明るみに出た。

 それにもかかわらず、「第三者委員会が調査中です」(親会社である株式会社メッセージ経営企画部)と、施設の対応は遅々として進まず、施設、職員への処分もいまだに決まっていない。

 川崎市の高齢者事業推進課は立ち入り検査後、「結論は厚生労働省と相談したい」と述べたが、それももう1か月も前のこと。こうしている間にも似たような事件が起きる可能性があるし、今現在も起こっているかもしれない──。

「なぜ、あんなことが起こってしまったのか、原因に目を向けなければいけない」と話すのは、介護事情に詳しい健康社会学者の河合薫さんだ。

「介護現場で働く人たちは、私たちが考えている以上に過酷な現場で疲弊しています。もちろん、どんなに疲弊していたとしても、虐待や暴力が認められるわけではありませんが、介護従事者の労働環境についても広く知られるべきです」

 介護業界に関する数字を見ると、河合さんの言うことはたしかに裏づけられる。

 ホームヘルパーや介護職員の平均月収は、全産業よりも10万円ほど安く、21万円程度。手取りはもっと低くなり、14万~15万円になることもある。離職率も約17%と全産業の平均を上回り、このままでは10年後、約38万人の介護職員が足りないとも予測されている。介護保険の負担が1割から2割へと上がり、介護を受ける側にも負担が強いられている。その一方で、慢性的な人手不足のなか、安倍政権になって介護報酬は引き下げられ、働く人たちの環境は悪化するばかり。安い賃金で働く職員たちは不安やストレスを抱えている。

「介護施設は、軒並み大幅な赤字。職員の賃金が上がるはずがありません。ボーナスもないところがほとんどで、介護は24時間ですから、シフト勤務で休みを取るのも難しい。そうした労働環境の中で、職員は“いつか自分も、同じように虐待行為をしてしまうかもしれない…”という危機感を持って仕事をしているのです」(河合さん)

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川崎の老人ホーム転落事件 男性職員による窃盗や虐待も判明
川崎老人ホーム事故 窃盗容疑の職員は異常に羽振りよかった
転落事故が続出した川崎の老人ホーム コスト重視経営の弊害

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP