ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八つ当たりする人の心理と5つの特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あなたの周りに八つ当たりする人っていませんか?「私は何も関係ないのに、八つ当たりして来やがって!」なんて思っても、それが上司や目上の人だったら反論もできずにされるがまま、なんてことも。

この記事を読んで、八つ当たりする人の心理や特徴を知り、今後の対策を練りましょう!

八つ当たりする人の心理・特徴は「防衛機制」という心の動きから

そもそもなぜ八つ当たりするのでしょうか?
ここには人間の心の動きである、「防衛機制」という心理が関わってきます。
人間は、自分の心にダメージを与えてくるような出来事に遭遇したとき、この防衛機制の働きで解決をはかり、心を守ろうとします。

実は八つ当たりもその一つなのです。
本当はAという対象に怒りや不満を感じたのだけれども、何かの理由でAにその感情をぶつけることができなかった場合に、全く関係のない対象Bに怒りをぶつけてしまうのです。八つ当たりされるほうにはたまったもんじゃないですが、これが八つ当たりする人の心理というわけです。

八つ当たりする人の特徴は、以下のように説明できます。

1.固定概念が強い

八つ当たりをする人の中には、「○○は●●であるべきだ」などといった固定概念が強い人がいます。

固定概念の強い人は「自分の考えは絶対に間違っていない」「だから自分以外の考えをするほうがおかしいのだ」といった思考回路に陥りやすいため、自分の考えとは外れるような言動・行動をする人に対して、八つ当たりにしか見えないようなリアクションをするというわけです。

2.劣等感が強い

自分に自信がないために、他人からの評価が下がってしまうことを極度に恐れる人がいます。

こういう人は「上司や他人からの評価が下がる」ことを、リアルなイメージとして持っています。自分がミスしてしまった時には、そのリアルなイメージを自分が他の人に現実化させることで、自分のミスから目を逸らそうとするのです。

3.ストレス発散代わりに周囲に甘える

自分のミスなどの出来事に対応することは、体力も気力も使いますのでストレスも溜まります。

そこでストレスの発散として、身近な人に怒りの感情をあらわにしてしまうのです。「泣くとストレス発散・心のデトックスになる」なんていう「涙活」なんてものがありますが、それと根っこは同じです。ですが八つ当たりされる相手がいるぶんかなり迷惑。

これは裏を返せば甘えているのと同じであり、非常に子供っぽい行動です。

4.上下関係を重んじ、弱い立場の人にしかえばれない

ちょっと意外に思えるかもしれませんが、八つ当たりする人の中には上下関係を重んじている人が多いです。

上下関係を重んじることは、上の人間に決して逆らえないこととイコール。不満を感じても上の人に逆らえないなら、どうするか……そう、下の人に代わりに怒りをぶつけるのです。

この時の「上下関係」というのが、職場での役職のことなのか、或いは年功序列によるものなのかは人それぞれでしょうね。

5.八つ当たりできる人を選ぶのがうまい

八つ当たりする人にとって、八つ当たりのできる人は格好の獲物です。

よく八つ当たりされてしまう人は、自分の意見が言えない・言い返さないなどの特徴があり、このタイプを見ぬくのが非常にうまいのです。
ですから、もしあなたが八つ当たりされがちなら、普段から「自分の意見はハッキリ言う」キャラを確立しておきましょう。

「ついつい人に八つ当たりしてしまう」人も、逆に「なぜか八つ当たりされてしまう」という人も、八つ当たりの心理と八つ当たりする人の特徴をよく知り、うまく対処してきましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

人をバカにする人がもつ心理的コンプレックスと特徴
見返りを求めない人に共通する8つの特徴
思いやりがない人に共通する7つの特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。