体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人にはこう見える!?典型的な「11の日本人労働者」たち

Group of business people and men bowing reflected onto table wit

Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類できるは日本くらいなものだとか。外国人から見ると、私たちの働き方はこんな具合に見えているそうですよ。

01.
陽当たりいい席なのに
社内では日の目を見ない
(窓ぎわ族)

working at home

文字通り、窓際に席を陣取り“窓に向かって祈る”人々。社内で冷遇され始めると、この場所に席を移動させられるようだ。彼らに課せられた任務はほぼなく、どうでもいいようなデスクワーク中心に日々を過ごすことになる。日本のオフィスレイアウトは非常にタイト。机を合わせる格好で作業にあたるため、窓ぎわ族だけがぽつんと孤立して見えるのだろう。
これまで日本の習慣では、解雇が当たり前ではなかったため、窓ぎわ族の多くはベテラン社員だ。日当たりのいい場所に移動させられることは、すなわち会社から“三行半”を突きつけられている証拠とも言えるだろう。ただし、これも過去の習慣となりつつある。高層ビルにオフィスを構える現在の日本企業では、見晴らしのいい窓際を希望する社員も増えているようだ。

02.
ウトウトするのには
意味があった…
(居眠り族)

これは、とても日本人らしく興味深い行動のひとつ。仕事中、社員が本当に寝ているのではなく、寝た“フリ”をしているのだ。何のために?たぬき寝入りは、社員から上司への“忙しすぎるアピール”なのだ。寝たふり(うとうとしては起きる)をすることで、色場でも自宅でもハードワークしていることを演じるためのパフォーマンスと思っていい。このニセ居眠り社員たちの行動には、「見られてはいけない」の裏に「見て欲しい」が込められている。

03.
制服が外国人にはこう見える?
(ドブネズミ族)

_000068134553_Medium

この用語は、代わり映えしない退屈な衣装に身を包んで作業する、社員たちを揶揄する表現だ。彼らはどこにでもいて、まるで本物のラットレースのように一様に作業をこなしていく。

04.
現状維持に甘んじる
(ほどほど族)

「ほどほど」とは、現状維持やそのままを表現する用語。たとえばミーティングの場で、まだまだ煮詰めていけばいい結論が見いだせるとことを、ほどほど族は現状維持で満足させていしまう、可もなく不可もない社員。情熱の全てを仕事に傾けなくても済んでしまうため、確かにスマートな働き方ではある。だが、当然ながら仕事上重要な存在にはならず、まだできるのにそれをしない期待値の低い人々とも言えるだろう。

05.
小さな枠の内で
肩寄せあい、スパ〜ッ
(ホタル族)

_000014963951_Medium

生活の中で唯一、明かりを灯すのがこのタバコの火。会社内でも喫煙エリアを制限された愛煙家たちが、肩を寄せあうようにしてタバコを吸っている。

06.
デキるビジネスマンたち
(エリート集団)

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。