体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ライヴ・レポート】少女閣下のインターナショナル、初ワンマン大成功! 社長・里咲りさは涙「辞めなくてよかった」

【ライヴ・レポート】少女閣下のインターナショナル、初ワンマン大成功! 社長・里咲りさは涙「辞めなくてよかった」

6人組アイドル・グループ、少女閣下のインターナショナルが11月1日、東京・渋谷eggmanで初のワンマン・ライヴ〈スペクタキュラー・オプチカル社のあたらしいプログラム〉を開催した。

直前までチケットが73枚しか売れていないとアナウンスされていたが、駆け込みで購入した人などを含めこの日は200人以上を動員。満員と表現していいほど多くの人が集まり、ライヴは大成功を収めた。

ほぼ定刻に開演すると、ライヴは「ecole」からはじまった。メンバーがミュージカルのように演技を交えながらひとりひとりゆったりと歌う。1曲終えると、すかさず「少ナショ、よっしゃいくかー!!」と威勢の掛け声が響き、8分超えのプログレ・ナンバー「少女閣下のPKウルトラ計画」へ。客席も一気に活気づき、おおいに盛り上がった。間奏では里咲りさが「ワンマンありがとうございます!」とあいさつし、二文字杏、福円もち、黒石衿花、羊戸ひなの、白河花凛、里咲の順に自己紹介した。

妖艶な音楽が流れるなか、メンバーが口々に「あー!!」と悲鳴をあげると、「乙女みたいな季節」がはじまる。ゴシックな雰囲気を切り裂くように突如ノイズが入るなど、客席に強烈な印象を与えた。ここで一度メンバーがステージから捌けると、ミニ・アルバム『パルプ・プログラム』の冒頭に収録されているインスト曲「1分にも満たない」が流れる。そして幽霊やキョンシー、オオカミなどのコスプレ衣装に着替えたメンバーが戻ると、ライヴでは定番の「万国お化け博覧会」を披露。ステージからお菓子を投げたり、客席に降りて踊ったりと好き放題だった。

ここでモニターにライヴ映像が流れる。2014年9月29日のデビュー・ライヴ前日からこの日に至るまでを、着実に増えてきた動員数とともに振り返った。続いてソロ・パートへ。メンバー兼社長の里咲がメンバーひとりひとりと面接時を再現した即興の芝居を挟みつつ、各々がソロ曲を披露した。まず黒石は自身が作詞したというダンサブルな曲を披露。続く羊戸は、客席とステージの間に腰をかけながら「魔法が解けたらあの娘の匂いはもうしない」を歌った。白河は「暗黒の世界にようこそ」と紹介すると、場内をダークな世界に染め上げる。そして福円が煌びやかなアイドル・ソングを歌うと、二文字は「破壊、そして漫画」を披露した。

こうして現メンバーが全員揃うと、最後に里咲がアイドルの顔に戻ってパフォーマンス。「やったー! 6人集まった!!」と歓喜の声をあげ、骨太なギター・サウンドに乗せてソロ曲「だってね。」を解き放たれたようにステージを駆け回りながら歌った。途中、残りの5人もステージに合流、曲の1フレーズを黒石が歌う場面もあった。

レトロな特撮風の映像とメンバーの映像を交えた「少女閣下のPKウルトラ計画」のMVがモニターに流れると、続いて画面には「残念なお知らせ」の文字が映しだされ、次が新曲であることが明かされる。そして白い衣装に着替えた6人が音頭のようなリズムの「Nowhere on-do」を歌った。そのまま一気にラストまで駆け抜けていく。壮大な「僕らの心電図」でクライマックスを演出すると、最後はノイズが入り乱れるサイケデリックな「みなごろしフライデー」を披露。曲終わりにメンバーは、客席を駆けまわりながら楽屋へと去っていった。ひとり残された里咲が困惑した表情で「ほんとに終わりでいいの? 少ナショらしく終わります。ありがとうございました」と告げて本編は終了した。

「金返せ!」コールに導かれ、アンコールがはじまる。某有名バンドの名曲に激似のあの曲が放たれると、「最後だよ!」「まだまだ足りねーぞ!!」とメンバーは口々に煽り、羊戸は客席にダイブするなど激しいパフォーマンスを観せた。

ここでメンバーが改めてあいさつする。白河が「少ナショをやる前に何年かソロ活動をしていたんですけど、ワンマンははじめてで、それがこんなに楽しいものだとは思わなかったです。ありがとうございました」と話し、「白河」から「白川」に改名することを発表した。不安げな表情の福円は時折言葉に詰まりながら「こんなに(お客さんが)くると思わなかったです。だからうれしいです。みんなの笑顔が元気の源だから、こうやってみんながいてくれて… 楽しかったです! ありがとうございました!」と感謝した。

続く羊戸は「精一杯、感動的なこと言うので、泣いたふりしてくださいね」と冗談ぽく笑いつつ、「最初は路上とかでやっていて、つらいこともいっぱいあったんですけど… 1年前はこんなワンマンなんてできると思ってなくて… わーん(涙)」と泣き出してしまう。そして「すげーなって思います。こんな景色見せてくれて最高に幸せでした。ありがとうございました」と終始感極まった様子だった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。