ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『The Covers』水樹奈々、歌唱力と表現力際立つ昭和の名曲2曲をカバー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャンルや世代を超えたアーティストが影響を受けた曲や思い出深い一曲をカバーするNHK・BSプレミアムの音楽番組『The Covers』が11月2日に放送。ゲストに水樹奈々が出演した。

 抜群の歌唱力で声優という枠にとらわれず活躍を続ける水樹奈々が番組に初登場。今回の選曲について、どの曲を歌ったらよいか周囲のスタッフに相談したという水樹。彼らからのアドバイスを受けて選んだカバー1曲目は、中森明菜が1982年にリリースしたサード・シングル「セカンド・ラブ」。リリー・フランキーが「オヤジを黙らせる“モテ曲”」だと太鼓判を押す昭和の名曲を、ゴージャスなセットでしっとりと歌い上げた。水樹の妖艶なパフォーマンスに思わず夏菜も「私がオヤジだったら、沁みてる!」と悶絶。

 また、父の影響もあり、幼い頃から聴いていたという「演歌」と「アニソン」が自身の音楽ルーツだと話す水樹。そんな彼女が選んだ2曲目のカバーは、美空ひばりの「悲しき口笛」。美空ひばりが12歳のときに主演した同名映画の主題歌を、大人の魅力たっぷりのアレンジで披露。その歌唱力はもちろん、声優として活躍する水樹ならではの表現力が際立つ名曲カバーとなった。そして番組では水樹が作詞を手掛けたオリジナル曲「エデン」も披露した。

 次回はゲストに真心ブラザーズを迎え、11月9日に放送予定となっている。

◎『The Covers』
NHK・BSプレミアム
毎週月曜午後11時15分~11時45分
MC:リリー・フランキー / 夏菜

関連記事リンク(外部サイト)

『The Covers』旅の思い出が詰まった不朽の名曲&人生の節目となった一曲を渾身のカバー
『The Covers』フジファブリック、珠玉のポップソングを切ないロック・ラブソングに&渋谷系名曲を宇宙的アレンジで披露
『The Covers』ましまろ、真島昌利がザ・ブルーハーツの“うもれうた”発表&オリジナル日本語詞でバディ・ホリーをカバー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP