体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一晩で30ヶ国の人と知り合える宿「ユースホステル」

DSC04638

筆者撮影

TRiPORTライターの、世界を飛び回るトラベルフォトライターKANAです。

今年の夏、女一人で2週間、東欧諸国バルカン半島の国々であるスロベニア、セルビア、クロアチアを旅しました。

東欧、バルカン半島…。そう聞くと、今だに危険なイメージが頭に浮かぶかもしれませんね。現に私が「一人で東欧を旅してくる」と言ったときは、多くの人に「危ないよ! 一人で大丈夫なの!? 」と、散々言われました。

しかし紛争があったのは、もう過去のこと。今や有数のバカンス先として、ヨーロッパ内では大人気。 だって、アドリア海沿いの国々は、きらめくコバルトブルーの海に、たまらなく美味な伝統料理の数々、さらにビーチ沿いのクラブやボートは連日ミュージックフェスで大盛上がりなのです。これはもう行くしかないですよね。

今回の旅では初めてユースホステルを使ってみました。今までは掲示板でシェアハウスをしたり、現地の方の家のワンルームに泊めさせてもらったり、安くてお洒落なところを選んでいたのです。旅でもキレイでお洒落なところに泊まりたいという女心は外せないので。

ところが、ひょんなきっかけで今回は勧められたユースホステルに、試しに泊まることにしてみました。正直今までユースホステルと聞くと、私の中では少しバックパッカー向けのようなイメージがあり、私の求めているものとは違うような気がしていたのです。しかし、知人が泊まったというユースホステルの写真を見て、意外にかわいかったので、思いきって泊まってみることにしました。

そうして出会った東欧のユースホステルの数々。そこには、なんと私のイメージを覆す、驚くほどお洒落で快適、そして心暖まるエピソードがたくさん待っていました。

スロベニアのかわいいお部屋

DSC01975

Photo credit: KANA「【スロベニア女子旅旅行記 2015夏】グルメ・リゾート・絶景・野外イベント!

初のユースホステル体験となった、スロベニアの首都リュブリャナの「Tresor hostel」は、着いて早々その部屋のかわいさにびっくり。さらにちょうどこの日は、イベントスペースでセレクトショップのポップアップストアが出店されていました。 取り仕切るのはスロベニア出身の大人気ファッションブロガーの20歳の女の子。私も旅ブロガーとして活動していたこともあり、すぐに意気投合。こんな出会いも旅の楽しさの一つですね。

DSC03779

Photo credit: KANA「【スロベニア女子旅旅行記 2015夏】グルメ・リゾート・絶景・野外イベント!

スロベニア第二の街マリボルで泊まった「Hostel Pekarna Maribor」は、なんとキッチン付きのアパートメントハウス。 部屋に、専用のバス・トイレの他、専用キッチンまでついているなんて! キッチンが付いるので、青空市場で新鮮な地元の食材を使ってスロベニア料理を作ることもできます。共同キッチンならシェアハウスでもよく見かけますが、専用はなかなかありません。そして部屋のキレイさにも驚きました。ユースホステル、侮れない!

セルビアでは皆でBBQ

DSC04501
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。