ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐『Japonism』 セールスをさらに伸ばし圧巻の2週連続トップ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルバム複合チャート“Hot Albums”第23回目では、嵐『Japonism』が先週からの好調を維持し2週連続となる1位を獲得した。

 『Japonism』は、セールスで引き続き高ポイントを積み上げてTOP。さらにルックアップでも同様首位で総合No.1の座をキープした。さらに、11月9日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”でも2週連続1位となり、今週も2つのチャートを制覇。この勢いはどこまで続くのか、今後のチャートアクションを注目したい。

 2位は、斉藤和義の2年ぶりとなるオリジナルアルバム『風の果てまで』。初のLAレコーディングを敢行した意欲作が、セールスで大きくポイントを伸ばしての高順位にチャートインした。3位に入ったのは、ディズニーのソング・アルバム『ウィ・ラヴ・ディズニー』。デイヴィッド・フォスターが楽曲をプロデュースし、アリアナ・グランデ、グウェン・ステファニー 、ジェイソン・デルーロなどビッグネームが参加した豪華タイトルがデジタルでトップのポイントを稼いでのTOP3入りを果たした。

 DREAMS COME TRUEのコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』は先週同様5位に入り、17回目のチャートインにしてTOP5をキープ。リリースから間もなく4か月が経過するがまだまだ人気のタイトルになっている。

関連記事リンク(外部サイト)

11月9日付 Billboard JAPAN HOT Albums
乃木坂46「今、話したい誰かがいる」、Perfumeとμ’sを押さえビルボード総合首位獲得
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの2ndアルバム『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』が、2作連続のNo,1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。