ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

第1位はアンドレア・ボチェッリ『シネマ ~永遠の愛の物語』名作映画やミュージカルナンバーをセレクト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
第1位はアンドレア・ボチェッリ『シネマ ~永遠の愛の物語』名作映画やミュージカルナンバーをセレクト

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、アンドレア・ボチェッリによるニューアルバム『シネマ~永遠の愛の物語』がチャートイン。名作映画やミュージカルナンバーを中心にセレクトしたクロスオーヴァー・アルバムで、アリアナ・グランデと『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』より「デボラのテーマ」のデュエットが収録されていることで話題となり、ミュージックビデオは2週間で550万ものアクセスがあった。また、全英ポップ・チャート3位を飾ったことで、更なる注目を集めている。

 第2位にはチェリスト、ヨーヨー・マによる、60歳の記念アルバムともいえる『ソングス・フロム・アーク・オブ・ライフ』がチャートインした。30年来の付き合いのあるピアニスト、キャサリン・ストットとヨーヨー・マの持ち寄ったレパートリーから構成されたアルバムで、ブラームス「子守歌」やフォーレ「夢のあとに」などの歌曲オリジンの曲から、サン=サーンス「白鳥」、エルガー「愛のあいさつ」、そしてソッリマ「イル・ベッラントニオ」まで、多彩な構成となっている。この10月末には、軽井沢・大賀ホールから始まる来日ツアーを行っていた。

 第3位は五嶋龍のベストアルバム『リフレクションズ』となり、3週連続のチャートインとなった。クラシックに馴染みのない人も楽しめるよう誰もが聴いたことのある名曲を中心にセレクトした、初のベスト・アルバムとなっている。10月よりテレビ朝日系列『題名のない音楽会』 の司会を務めることになり日本での活躍の場が広まっている。11月にはフランクフルト放送交響楽団と録音したチャイコフスキーのコンチェルトの録音をリリース予定。これに合わせて日本ツアーも行われる。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

11月9日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
乃木坂46「今、話したい誰かがいる」、Perfumeとμ’sを押さえビルボード総合首位獲得
嵐『Japonism』 セールスをさらに伸ばし圧巻の2週連続トップ!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。