体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ROYAL STRAIGHT FLUSH』シリーズに見る、スーパースター 沢田研二の軌跡

2015年11月3日、東京国際フォーラムにて全国ツアー『沢田研二 LIVE 2015 こっちの水は苦いぞ』を終了したばかりのジュリーこと、沢田研二。御年67歳にして、毎年の音源リリースと全国ツアーを欠かすことなく、今もなお精力的に音楽活動を続ける、日本芸能史上で他に類を見ないレジェンダリー・アーティストである。現在はほとんどテレビ出演がないこともあり、若い読者の中にはジュリーと言ってもピンとこない人も少なくなかろう。氏は70~80年代の最盛期にいかなる活動を展開し、シーンに何を遺したか? 手元にあるベストアルバム『ROYAL STRAIGHT FLUSH』(I~III)から検証してみよう。

沢田研二『ROYAL STRAIGHT FLUSH』のジャケット写真 (okmusic UP's)

ジョンが亡くなっても、俺たちには沢田研二がいた
矢作俊彦作、大友克洋画による漫画『気分はもう戦争』をご存知だろうか? 198X年X月X日、中ソ戦争が勃発し、そこに参戦した3人の義勇兵の物語を中心に、80年代における“戦争”を、時にコミカルに、時にハードボイルドに、リアリティーあるタッチで描いた傑作である。そのサブタイトル“MONKEY SUITS”という回にこんな件がある。中ソ国境付近(東トルキスタン?)の大麻畑で戦闘が起こり、戦火が畑に燃え移り、その煙ですっかりラリッてしまったソ連兵と主人公たちが、銃弾が乱れ打たれる中、お互いにアッパーになったり、ダウナーになったり、たわいもない会話を続けていく。そこでは、戦闘員に加えて、何故かバスでロンドンからネパールへ向かうヒッピーたちも加わっていて、世界一シュールな戦争が描かれているのだが(※書いていて自分でも意味が分からんと思うが、実際にそういう内容なんだから悪しからず…)、その最中、主人公のひとり“めがね”にソ連兵が「ジョン・レノンがさ──殺されたんだってよー」と告げる。「ポールに?」と受けためがねは、「ジョンがね──知ってた?」と相棒の“ハチマキ”にそのことを伝えるのだが、そこでのハチマキの台詞が振るっているのだ。「騒ぐな! たかが毛唐の楽団屋じゃねーか」「俺たちにはまだ沢田研二がいる!!」。3コマ、ページの1/3程度まので漫画史的に見たら大したインパクトがあったわけではないが、ヒッピー文化の完全な終焉と当時の日本芸能文化を描き切った…と言うと大袈裟かもしれないが、確かな慧眼であったと思う。筆者は当時、少し溜飲を下げた。初版発行が1982年1月だったというから、雑誌連載はおそらく1981年だろう。ジョン・レノンという巨星は堕ちたが、あの頃、俺たちには沢田研二=ジュリーがいたのである。

ロックアーティストとしての秀でた才能
ジュリーがソロ活動に至るまでには、本来なら氏が在籍していたGSナンバー1人気のザ・タイガース、そしてPYGという邦楽ロックの先駆け的バンドについても語るべきだろうが、スペースの都合上、また本コラムの性質上、今回はさすがにそこまでの分析はご容赦願いたい。しかしながら、昭和40年代初頭、圧倒的な人気を得ていたザ・タイガースはもともとリバプール・サウンドに影響を受けたバンドで、メンバーは少なくともデビュー当時には与えられた曲に違和感が抱いていたことや、PYGはアイドル的な人気を誇ったザ・タイガースの解散直後に始動したことで、音楽性が真っ当な評価を得られることなかったこと、他のメンバーの俳優転向等でバンドが自然消滅したことは頭に入れていただければ…と思う(本コラムのアーカイブに『PYG! オリジナル・ファースト・アルバム』紹介があるので、ぜひそちらもご覧いただきたい)。また、ジュリーは当然の如く、今も現役である。しかも、ソロデビュー以来、毎年アルバムを発表し続け、全国ツアーを敢行している。よって、ここでのジュリー分析は、ベストアルバム『ROYAL STRAIGHT FLUSH』シリーズ収録曲、すなわち1972年から1984年までの楽曲に沿ったものであることをご承知いただきたい。ソロ始動時から、バラエティー番組にも出演し、所謂“お茶の間のアイドル”として活動していた頃までのジュリーである。正直に言って、それは筆者がジュリーの全活動歴を把握していないからだが、仮に全活動歴を把握していたとしても、これまたこのスペースでは語り尽くせないだろう。しかし、これは『ROYAL STRAIGHT FLUSH』シリーズを聴いて確信したことでもあるが、ジュリーはこの期間だけでも十分に語り甲斐がある。“お茶の間のアイドル”であったことは紛れもない事実であるが、同時にロックアーティストとしても秀でた才能を発揮し続けた、まさにスーパーマンであったのだ。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。