ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レンジで簡単オニオンスープで、冬をぽかぽかで乗り切る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昼間は日が出ているので暖かいものの、夜になるとめっきり冷えこんできました。
風邪をひかないためにも、夜は温かな物を食べて、ぽかぽかしながら家でゆっくり過ごしたいものです。でも仕事帰りで疲れていて、手の込んだものは作りたくない……。
そんなときにぴったりの、簡単オニオンスープが「roomie」から紹介されていました。

ぽかぽかオニオンスープの作り方


【材料(2人分)】
・たまねぎ / 3、4個/500g
・バター / 10g/5g
・小麦粉 / 大さじ2弱
・白ワイン / 1/2カップ
・水 / 4カップ
・フォン・ド・ボー / 1個 ※なければ固形スープの素でOK
・ブラックペッパー / 少々
・バケット / 5、6枚
・ピザ用チーズ / 適宜
まずは下ごしらえで、バケットにピザ用チーズをのせ、オーブントースターでこんがり焼いておきましょう。
▼作り方
1.たまねぎを繊維に沿ってなるべく薄く切り、耐熱容器に入れる
2. バター(10g)をのせてラップをし、電子レンジ(600W)で5分加熱する
3. フライパンにバター(5g)と加熱したたまねぎを入れ、飴色になるまで炒める
4. さらにフライパンに小麦粉を加えて炒め、粉っぽさがなくなったら白ワインを加えて鍋底のうまみをこそげ取る
5. 厚手の鍋に[4]とフォン・ド・ボー、水を加えて30分間煮る
[5]をカップに注ぎ、あらかじめトーストしておいたフランスパンをのせれば完成です。

栄養満点のオニオンで健康な身体づくり

オニオンはあらゆる病気に効くと言われるくらいの万能フード。
古代エジプトでは、ピラミッドを作る肉体労働者たちに配られていたのだとか。その健康パワーは何千年も前から知られていたみたい。
それもそのはず、オニオンにはさまざまな栄養が含まれているんです。豊富なビタミンやミネラルを始めとし、消化を助ける食物繊維、貧血や癌を予防する葉酸が多く含まれています。
また、ケルセチンというポリフェノールの一種が、内臓脂肪を落とし、血糖値を下げてくれるのだそう。まさにいいことづくめの食材です。

冬はオニオンパワーで乗り切る

疲れて帰ってきた冬の夜は、簡単にできるオニオンスープがおすすめ。
しっかりと栄養を摂取して、寒さに負けない身体を作りたいものです。
[roomie] [元看護師おばあちゃん~「効果効能」の知恵袋ブログ~]
文/近藤うらら


(グリッティ)記事関連リンク
惚れぼれ。各国の鮮やかな刺しゅうたち
男性の「一番長くつきあったのどれくらい?」にドキドキさせる返答
サクサク動く! Googleマップをスピードアップさせる簡単裏ワザ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP