体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Crack6 MSTR主催 HALLOWEEN PARTY、仮装姿のステージに満員の会場が大熱狂

Crack6のMSTR(千聖 from PENICILLIN)が音頭を取り、定期開催中のイベント「Crazy Monsters」。今年通算3回目となった「HALLOWEEN PARTY」が、10月24日に新宿ReNYを舞台に開催された。

10月24日@新宿ReNY (okmusic UP's)

矢田耕平(池袋BRAND X) / Daccoを司会に迎えたこの日は、Crack6 / ALvino / DASEIN / C4 / S.Q.F / wyse / THE MICRO HEAD 4N’Sと豪華な面々が全員仮装姿で登場し、チケットもSOLD OUT。満員の観客たちが熱狂を乾杯に一夜のパーティーを楽しんだ。

開演前、舞台上へ姿を現したのは、スーツ姿で登場した池袋BRAND Xの矢田耕平さん。そして、アダム(Lida)とイブ(YURAサマ)の仮装をしたDaccoの2人。この日Daccoは演奏者ではなく司会者に撤する形で登場。その芸人並の姿勢は潔ささえ感じるほど。

■THE MICRO HEAD 4N’S
トップを飾ったTHE MICRO HEAD 4N’Sは、全員ヴァンパイアの出で立ちで登場。スケールあふれたモンスターロックに身を預け、堂々と歌い上げてゆくNimo。すでに場内には無数の拳が荒々しく突き上がっていた。現メンバーでは2回目とは思えない堂々としたステージングのもと、『WHITE SOUL』を通し、満員の観客たちを熱狂の渦へと巻き込んでゆく。

「みなさまの血をいただくことにしましょう」。ダークでダンサブルなエレクトロロックナンバーが連れ出したのは、闇夜に設えた妖しい宴の園。満月に向って吠えるような高揚を与えたのは『MONSTER’S ROAR』。誰もが5人の奏でる衝撃へ絶叫と熱狂を返していた。 「お前らの血を一滴残らず絞り出していけよ」。最後にぶつけた『Curtain Call』を通し、挑むように歌い、エッジ鋭い音を突き付けてゆくメンバーたち。THE MICRO HEAD 4N’Sはしょっぱなから場内に熱気渦巻くパーティー空間を作りあげてくれた。

■S.Q.F
氣志團のコスプレ姿で現れたのはS.Q.F。メンバー全員がこの日のためにしつらえたオリジナル仕様の学ランにリーゼントヘア。しかも冒頭で演奏したのが『One Night Carnival』。michi.の左右にはDaccoの2人も登場し、一夜のカーニバルを盛り上げた。「今夜は俺らが連れてくぜ、ピリオドの向こうまで」と決めたあとは、いつものS.Q.Fモードへ。『RISING』で歌物ロックの衝動を与えたと思えば、一転し美しく雄大かつ躍動性を抱いた『エンゼルフィッシュ』が登場。心地好さを連れた演奏が進むごとに、場内の熱も上がってゆく。

凛々しくも、どこか影を背負いながら攻め込むように飛び出したのは『Vertigo!』。それにしても、氣志團の格好でクールに歌う姿には、不思議な感覚を覚えずはいれない。最後をしめくくった『Cloud Cuckoo Land』では、michi.の動きに合わせ、会場中の人たちも頭上高く掲げたタオルをクルクルまわし大きく身体を揺らしていた。

■wyse
『パン三世』のテーマソングに合わせ、作品に登場するキャラクターたちになりきって舞台上へ姿を現したのはwyse。ちょっとした小芝居を織りまぜつつも、ライブはダイナミックな『Plastic Monkey』からスタート。エンディングではマモーに変貌したHIROが、あえてギターソロでエンディングをひっぱり続ける遊び心も披露した。そしてギターの音色がムーディなパーティを連想させる『終わらない夜のマーメイド』が、洒落た大人の駆け引き気分を与えてゆく。

観客が大人なロックに心酔していた『L.A.S.P.U.P. -Unperformed Performer-』。そして最後に身体をウキウキと弾ませる『Primal』を奏で、wyseは場内に開放的な空気を満たし、楽しいパーティーの幕を閉じていった。転換の合間には、「モンスターストライク」のマッドハッターの仮装をしたアンティック-珈琲店-のゆうきがDJとして登場するいう嬉しいハプニングも。

■C4
「宇宙戦艦ヤマト」の沖田十三艦長、「モノノ怪」の薬売り、「ストリートファイター」のチュンリー、「牙狼<GARO>」の冴島鋼牙と、様々なキャラクターに扮したメンバーたちが入り乱れたC4のステージは『UNITE』からスタート。『Crocodile Vibration』では攻撃的な姿勢のもと、観客たちの感情に荒ぶる熱気をぶつけていた。刀を振りかざし歌うTOKIは、まさに戦いを挑んでゆく姿勢そのものだ。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。