ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SBファン 「強すぎてV9時代の巨人ファンの気持ちわかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年のプロ野球シーズンは、終わってみれば福岡ソフトバンクホークスの強さが際だった。ペナントで圧勝、柳田悠岐はトリプルスリーの偉業達成、ドラフトも最大の目玉・高橋純平を獲得。ホークスファンにとって、笑いが止まらない1年だった。

「強すぎて“ああ、また勝っちゃう”という感じ。V9時代の巨人ファンの気持ちがわかった」(40代男性)

「唯一の弱点は先発といわれていたが、武田翔太が計算できるようになり、バンデンハークは打たれる気がしない大当たり。もはや死角はない」(20代男性)

 就任1年目の工藤公康監督には、早くも長期政権が噂されている。

「きちんと長期的展望に立ったチーム作りができているんですよね。CSや日本シリーズでも第1戦に若い武田を起用し、エース教育をしている」(元コーチの杉本正氏)

 ソフトバンクの強さは確かにぬきんでているが、交流戦その他を通じてパ・リーグ全体が強さを見せつけた。今シーズン2位の北海道日本ハムファイターズファンのあいだでは、現在、栗山英樹監督の評価が急上昇中だという。

「新外国人のレアードが打率1割台に低迷していた春先は早く外せと思っていたが、監督が使い続けて開花した(34本塁打)。2012年にも不振の中田翔を使い続けて復調させたし、監督は我慢強く使って成功させる名将かも」(30代女性)

 パ・リーグのCSシリーズで日本ハムを破り第2ステージへ進出、短期決戦での強さを見せつけた千葉ロッテマリーンズのファンは「今年は日本一」と信じていた。理由は「5年周期説」。これまでロッテは5年ごとに優勝、今年はその5年目だった。

 シーズン最終盤の14試合を12勝2敗で追い上げ、CSで日本ハムを退けた時は、「今年も下剋上だと思った」(40代女性)。しかしソフトバンクの強さは異次元で、夢はそこで消えた。

「涌井秀章が最多勝を取ったし、内容には満足しています。ドラフトで平沢大河を獲得できたのも嬉しいニュース。ロッテはしばらく生え抜きスターがいなかったから、平沢には成長してほしい」(50代男性)

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中
「我が阪神タイガースは贔屓目に見ても最下位か」と江坂彰氏
福岡SBホークスの「ハニーズ」が笑顔で通路に走り込んでくる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP