ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

警戒心が強い人に共通する10の特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日常的に様々な人と接していると、中には警戒心の強い人に出会うこともありますよね。

警戒心が強い人は初対面で打ち解けることができませんし、会話の糸口を掴むのにも結構苦労します。

2人きりで間を持たせなければいけない時などは、途方に暮れるという人もいるでしょう。警戒心が強い人にはどんな傾向があるのか、特徴を10個紹介します。

1.警戒心が強い人は気難しいタイプが多い

警戒心が強い人は自身の内側に色々なものを抱え込んでいます。

複雑かつ気難しいことが多く、他人を寄せ付けない空気があります。

言外に「放っておいてくれ」というような雰囲気を醸し出していることも多く、話しかけづらいと感じるかもしれません。

2.警戒心が強い人には人見知りが多い

警戒心が強い人は往々にして人見知りの傾向があります。

自分の内側にずかずかと入って来られることを嫌うため、ある程度親しくなるまでは当たり障りない態度やぶっきらぼうな態度を取り、意識的に距離を置こうとします。

3.警戒心が強い人は保守的なところがある

警戒心が強い人は保守的なところがあり、新しいものを取り入れるのが苦手です。

そのため、時にノリが悪く見えることもあるでしょう。基本的にゆっくりじっくり馴染んでいく人です。性急な行動を期待してもよい結果は得られません。

4.警戒心が強い人は内向的で臆病な性格の人が多い

警戒心が強い人は基本的に内向的で、自分の世界にこもることを好む人です。

また、他人の悪意に敏感で傷つけられることに臆病になっています。そのため、新しい人間関係に身構えることが多く、なかなか友人を作れません。

5.神経質な人ほど警戒心が強くなる

神経質な人も、場合によっては警戒心が強い人になりやすいところがあります。よくあるのが、対人面でトラブルを経験した人。

人間関係が嫌になり、警戒心をあらわにして周囲との関係を拒絶するという話はよく聞くパターンです。

6.警戒心が強い人は相手を信じることができない

警戒心が強い人は、いつも心の中に疑念を持っています。

他人を信じることは苦手ですし、そもそもが他人どころか日常に起きる様々なことに対して信頼を持てません。常に不信感を抱いている状態なので、警戒心を解くことができないのです

7.警戒心が強い人は恋愛に対して奥手

警戒心が強い人は恋愛に奥手な傾向があります。

気になる人がいても、うまく行かないのではないか、相手がどう考えているのかなど、色々と考えてしまい行動に移せないのです。また、親しくなるのに時間がかかるというのもネックなのかもしれません。

8.警戒心が強い人は他人と付き合うのを怖がっている

人付き合いは警戒心が強い人にとって、最もハードルが高いものの1つです。

警戒心が強い人が容易に人を信じられない理由は、他人が怖いから。どう思われるのか、こじれたらどうしようなどまだ来ぬ未来を描き、動けなくなるのです。

9.警戒心が強い人は自分に自信がない

自分に自信がない人は、どうしても周囲に対する警戒心が強くなります。

自分を傷つけるものに敏感になるあまり、些細なことにも気を張ってしまうのです。その結果、精神を常に摩耗させ、ピリピリした雰囲気を醸し出すようになる傾向があります。

10.占いで見ると、蟹座、蠍座、O型は警戒心が強い

占いで見ると、蟹座と蠍座、そしてO型が警戒心が強いタイプです。蟹も蠍も固い殻で自分の身を守っている生き物。

防衛本能が強く容易に自分の中に立ち入らせません。また、O型も親しい仲間以外には警戒心が強くなる傾向があります。最初の取っつきにくさとは裏腹に、警戒心が強い人は実は慣れれば簡単に付き合える相手でもあります。

コツは相手のペースを尊重して警戒心を解くまで待ってあげること。そうすれば、それまでが嘘のように良い関係を築けますよ。

関連記事リンク(外部サイト)

人気者に共通する10の特徴
几帳面な人の3つの「長所」と「短所」
「猫に好かれる人」と「猫に嫌われる人」の性格と特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。