ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モトベロ、スマートフォン連携型の電動アシスト自転車「BESV LX1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電動アシスト自転車専門店「モトペロ」が日本初となるスマートフォン連携型の電動アシスト機能付き自転車「BESV LX1」を発表しました。この製品は 11 月 6 日より予約が行われ、11 月 25 日に発売されます。BESV LX1 は高強度のアルミフレームや独立型のサドルを採用したクロスバイク風の電動アシスト自転車です。BESVシリーズの最上位モデルとして販売され、価格は 429,840 円のこのジャンルの製品の平均からしても高額です。大きな特徴とされるスマートフォン連携機能については、専用アプリ「BESV スマート APP」をスマートフォンにインストールすると、BESV LX1 をスマートフォンから操作したり、走行時のルートや距離などのログを確認・記録。さらに、走行ログの SNS でシェアできます、また、Bluetooth キーファインダーのように BESV LX1 から一定の距離だけ離れるとアラートが鳴動するほか、一度訪れた場所の駐車位置を自動的に記録するサポート機能も搭載しています。BESV LX1 のタイヤサイズは 700c で、11.2Ah のバッテリーを内蔵しており、60 〜 85km の距離を航行できるとされています。また、ギアにシマノ Deore XT 10S、フロントフォークに RST、サドルに VELO VL-1200U Black、ペダルに PXC 03、ブレーキにシマノ MR675、タイヤに DURO Easy Ride D8-7053 を採用しています。車重は 24.2kg です。Source : モトペロ

■関連記事
Samsung、「Galaxy H7」や「BRITECELL」を商標出願
ザ・コーポレートゲームズ 東京 2015の公式Androidアプリがリリース
Spigen、Nexus 6P用ケース3製品を国内で予約開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。