ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パリ発!「世界一の肉屋」が、本日11/4(水)恵比寿にオープン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

eaef1836f13adhfhaksbfcasa07f752d0cb9a612aff34

ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。
そんな彼が初めての海外進出先に選んだのは、ここ日本。ニューヨーク・タイムズ紙が「世界一の肉屋」と称したその味が、ついに東京・恵比寿で楽しめることに!

カリスマ肉職人が手がけるのは
“自然な”肉

ユーゴ写真_R

「ユーゴ デノワイエ」で提供される牛たちは、生産者自らが育てた牧草と穀類だけを食べ、混合材や薬を与えられることなく、ゆったりとしたスペースで放し飼いにされています。これは、 「放牧地から皿の上までが肉職人の仕事である」という彼の信条を体現したもの。

環境・家畜・生産者を尊重した結果育まれた“自然な”肉。「ユーゴ デノワイエ恵比寿店」では、それらをフランスから空輸するとともに、パリの店舗で扱う肉と同じコンセプトで育てた日本産の牛肉も使用されるのだそう。

food1_R

「フランス産熟成肉骨付きリブロース」は、20,000円/kg から。少なくとも3~4週間熟成させることで、牛肉に含まれるエンザイム(酵素)が固い繊維を分解。捌き立ての新鮮な肉よりも柔らかく、深い味わいに。

food2_R

豚の血の入ったソーセージを指すブーダン・ノワール。名前の通り、黒い色(ノワール)をしています。

1F interior_R

店舗デザインは、これまでに多くの有名レストランを手がけてきた、アルジェリア出身の建築家イマード・ラムニ氏。1Fでミート・バーと物販を、

2F interior_R

2Fではメインダイニングを展開。

オープンは本日2015年11月4日(水)。来週11月10日(火)からはランチ・ティータイムも開始予定です。ユーゴの哲学の結晶とも言うべき“自然な”肉の美味しさは、きっと日本の私たちをも虜にするでしょう。

Exterior_R

【店舗概要】
ユーゴ デノワイエ恵比寿店
・オープン:2015年11月4日(水)
・所在地:東京都渋谷区恵比寿南三丁目4番16号 アイトリアノン 1.2F(山手線 恵比寿駅・東急東横線 代官山駅より徒歩5分)
・営業時間:2F ランチ 11:30~15:00(L.O 14:00)、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
1F ランチ 11:30~14:00(L.O 14:00)、ティータイム 14:00~18:00、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
・定休日:月曜
・電話番号:03-6303-0429
・席数:2F/38席、1F/12席(全席禁煙)
・公式web site:http://www.hugodesnoyer.jp
※肉の種類・調理法・価格は日により異なります。詳しくはスタッフにお尋ねください

Licensed material used with permission by 株式会社TFC

関連記事リンク(外部サイト)

「博多一風堂」がパリへ進出!そのユニフォームがカッコよすぎる・・・
地球上で「もっとも可愛い動物」はコチラです。
スイスのTV局が、生中継やロケに「iPhone6のカメラ」を採用

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。