体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

11/9付ビルボードジャパンチャートおよび10/26~11/1 RADIO ON AIR DATA発表

11/9付ビルボードジャパンチャートおよび10/26~11/1 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による11月9日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年10月26日〜11月1日)および2015年10月26日〜11月1日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

乃木坂46「今、話したい誰かがいる」、Perfumeとμ’sを押さえビルボード総合首位獲得

乃木坂46「今、話したい誰かがいる」が、パッケージ・セールス1位、ルックアップ1位、Twitter4位、ラジオ10位で総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。Perfume「STAR TRAIN」は、ラジオ1位、ダウンロード5位など、いくつかのデータで乃木坂46を超えたものの、パッケージ・セールスの大差を覆すまでには至らず、総合Hot100で2位となった。総合3位のμ’s「HEART to HEART!」は、ルックアップではPerfumeを上回るポイントを上げ、前作同様のパッケージの強さを発揮した一方で、デジタルやラジオでのポイントが奮わず、3位に留まった。

YouTubeで永遠に続くかと思われた「千本桜」「R.Y.U.S.E.I.」の首位争いに割って入ったのが、サカナクション「新宝島」で、国内週間再生回数で140万回を超え1位となっている。前週よりも再生回数を30%近くも伸ばしており、地上波露出効果が様々な形で波及しているとみられる。

Twitterで1位となったのは、back number「クリスマスソング」。フジ系月9主題歌として当曲が展開するなか、今年の躍進のチャンスとなったJR SKI SKIタイアップ「ヒロイン」を含む5thアルバム『シャンデリア』が12月9日にリリースされることもアナウンスされ、一層のチャート・アクションが期待される。

乃木坂46「ここさけ」主題歌がビルボードアニメチャートを制覇 μ’sら新曲も多数チャートイン

10月28日発売の新曲が多数ランクインした今週のビルボードアニメチャート。そんな中、1位を獲得したのは乃木坂46による映画『心が叫びたがってるんだ。』の主題歌、「今、話したい誰かがいる」。前週の3位をはじめ、ここ数週間、ラジオやTwitterなどの勢いでアニメチャートを賑わせてきた本名曲が遂に1位に立った。そのポイント構成を見てみると、圧倒的なCDセールスはもちろん、ラジオプレイ、デジタルセールス、ルックアップ、Twitterと、多くの指標で1位を獲得している。ここまでの粘り腰のプロモーションが見事に花を咲かせた結果となった。

今週は2位から4位も全て新曲。μ’sの新曲「HEART to HEART!」は、乃木坂46の新曲を除けば、圧倒的と言えるCDセールスの高ポイントで、さすがの貫禄を見せた。また、3位と4位はともにスマフォ・ゲーム『あんさんぶるスターズ!』発のユニットソングで、Knights「Voice of Sword」が、UNDEAD「Melody in the Dark」を僅差でかわしTOP3入りを果たしている。両者は他のゲーム発シリーズ作品同様、ほぼフィジカル・セールスにのみ頼ったポイント構成となっている。

その他、今週の新曲で注目したいのは七森中☆ごらく部による「ちょちょちょ!ゆるゆり☆かぷりっちょ!!!」と「あっちゅ~ま青春!」の2曲同時ランクイン。『ゆるゆり さん☆ハイ!』のオープニングとエンディング曲が、それそれシングルとして同時リリースされ、いずれもチャートインを果たすという成果を残した。このうち、より上位となったのはオープニング曲の「ちょちょちょ!ゆるゆり☆かぷりっちょ!!!」の方で、特にデジタルセールスでの売上で「あっちゅ~ま青春!」に差をつけた。

ロングヒットではUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」が25週目のランクイン。これでほぼ半年にわたってチャートに君臨することとなった同曲が、年末のアニメソング年間チャートでも相当上位に食い込んで来るのは間違いない。シーンを代表する一曲となったと言えるのではないだろうか。

ジャスティン・ビーバーとアデルが洋楽チャートで一騎打ち! 1Dとの三つ巴合戦の行方は?

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。