ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの名画も“ヘタウマ”模倣!? 親子アートユニット「アーブル美術館」初の大型個展『大々贋作展』開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メディアでも注目を集める親子アートユニット「アーブル美術館」による、初の大型個展『大々贋作展』が、渋谷・パルコミュージアムにて10月30日(金)から開催される。

「アーブル美術館」は、お母さんと小学生の二人の子どもで構成された親子アートユニット。活動内容は、アート鑑賞が趣味の「アーブル美術館・館長」藤原晶子の指導のもと、「天馬くん・心海ちゃん」が、世界の名画をテーマにフェルメールやダヴィンチ、ピカソ、ウォーホル、エリザベス・ペイトンといった名画の模写をするというもの。その独特の画風は「ヘタウマ」として人気を集め、テレビCMにも作品が使用されるなどメディアでの注目度も高まっている。
今回のイベントは、「アーブル美術館」による初めての大型個展。古今東西の大物画家たちの模倣作品約50点の他、初公開となる新作も展示され、本物とはまた一味違った感性を楽しめる内容となっている。
「オリジナルとは何か?」「アートとは何か?」を突きつける彼らの作品を通して、アートのハイ&ローを超越したアートの味わい方を堪能したい。

アーブル美術館「大々贋作展」
会場:パルコミュージアム(渋谷パルコPART1・3F)
期間:2015年10月30日(金)~11月16日(月)
時間:10:00-21:00 ※最終日は18:00閉場
料金:一般500円 学生400円 小学生以下無料
公式サイト:http://www.parco-art.com
©Musée du Arvre

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP