ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空を見上げてリラックス!部屋にいながら外に出られる“出窓”が秀逸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

都会に暮らしていると、空を見上げる機会はあまりないもの。

特に一人暮らしの小さな部屋では、ベランダもないし窓を開けても隣りのビルしか見えない、なんてことも珍しくないはず。

アルゼンチンの建築家、Aldana Ferrer Garciaさんは、そんな都会の住環境でも空を見られる画期的な窓を設計した。

窓の名前は、その名も「More Sky(モア スカイ)」。

3層構造の窓枠が蛇腹式に開閉するという、シンプルながら大胆な発想で、窓に寝そべるように寄りかかれば、室内からゆったりと空を見上げることができる。

これなら、窓を開けなくてもいいので、安全で、なおかつベランダを設置できない狭小スペースにも対応してくれる。

また、うつ伏せで寝そべればビルの下の様子も見ることができるだろう。上の階なら、なかなかのスリルを楽しめそうだ。

休日のリラックスタイムに、のんびりと空や階下の自然を眺めたり、ひなたぼっこしながら本を読んだり、これがあるだけで生活がちょっと豊かになるかも!?

Garciaさんは、他にもいくつかの窓のデザインを発表していて、どれも既成概念にとらわれないユニークなものばかり。

思わずワクワクしてしまうGarciaさんのデザインが、いつか日本の建物でも採用される日を心待ちにしよう。

Aldana Ferrer Garcia
http://aldanaferrergarcia.com/#/moresky/

建築(まとめ)
デザイン(まとめ)

ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP