ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石坂敬一氏が旭日中綬章を受章、レコードメーカーのトップやレコ協会長を歴任

DATE:
  • ガジェット通信を≫

石坂敬一氏が旭日中綬章を受章、レコードメーカーのトップやレコ協会長を歴任

平成27年度の秋の叙勲において、日本レコード協会第20代会長の石坂敬一氏(会長在任期間:平成19年7月~平成23年5月)が旭日中綬章を受章した。石坂氏の、永年に亘るレコード産業並びに音楽文化の維持・発展に対する多大なる貢献が評価され、今回の受章となった。

石坂敬一氏は、昭和43年に東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)に入社以来、日本のレコード産業の振興に数多くの功績を残してきた。また日本レコード協会関係では、平成11年の理事就任以降副会長等の要職を歴任、平成19年からは会長として、日本の音楽文化の発展に尽力してきた。

特に、会長時代には、日本音楽の欧米やアジア諸国への積極的なライセンス促進を図るとともに、日本の伝統文化保存の観点から大正・昭和初期のSP盤レコードの保存と公開を積極的に推進。さらに、インターネットでの適正な音楽の利用を促進するため、若年層等に対する著作権教育と著作権意識の啓発活動にも尽力した。こうした功績が評価され、平成21年秋には藍綬褒章を受章した。

なお、日本レコード協会歴代会長の叙勲は平成25年春の佐藤修氏以来となる。

<参考記事>
Musicman’s RELAY 第82回 石坂 敬一氏
http://www.musicman-net.com/relay/82.html

関連リンク

■日本レコード協会:http://www.riaj.or.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。