ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅でロボットを作って技術を学ぼう!六本脚のクモ型ロボット「STEMI」が楽しそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫
STEMI

このところ話題にのぼることが多い“飛行ドローン”をはじめ、ロボットは昔に比べ身近な存在となってきた。

ロボットを通じて、科学、テクノロジー、工学、数学的な発想や技術に、多くの人に触れてもらおうという試みが「STEMI」である。

もともと、クロアチアの非営利団体Bura Znanja(“知識の風”の意)から派生して、4年前に誕生したプロジェクトだ。

・自宅で“六本脚のクモ型ロボット”をつくろう

このロボットは、六本脚のクモのような形状をしていて、必要なものはキットが一式セットになっているので、誰でも自宅で手軽にロボットを組み立てられるという。

STEMI3

キットの内容は、Arduinoをベースとした回路基板用のパーツ(Bluetoothモジュール、USBバッテリーチャージャー、電圧調節器、LEDインジケータなど)、リチウムイオンバッテリー、ワイヤー、ボディパーツ、脚パーツなど。必要な部品は揃っている。

・製作工程はチュートリアル動画を参照

製作工程はビデオチュートリアルとして公開されているので、段階に応じて、つくり方を動画で見ながら進めていけるので安心だ。

・スマホからコントロール可能!

「STEMI」のロボットは、自然の虫から着想した3タイプの歩き方を実行したり、高さを変更したり、複雑な動きをさせたり、ダンスをさせる、なんてこともできてしまう。スマートフォンをリモコンのようにして、遠隔コントロールが可能だ。

STEMI2

ユーザーは、ロボットをつくり上げる過程で、3Dモデリング、電子構造、Arduinoのプログラミング、モバイルアプリのプログラミングなどを、自然と学ぶことができるという仕組み。

・Indiegogoで出資受付中

「STEMI」の対象年齢は13才以上。チームでは、プラットフォームの情報をすべて公開することにしており、誰でもアクセスしてソースを利用したり、ロボットを自由にカスタマイズできるようにする意向だという。

現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資受付中で、すでに目標金額の1万6千ドルを突破している。“マイロボット”を自作して、子どもから大人まで幅広く楽しむことができそうだ。

STEMI

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。