ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福満しげゆき『生活』が実写化! 東出・窪田・小松・鶴太郎が挑む『ヒーロマニア』特報

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『僕の小規模な失敗』や『うちの妻ってどうでしょう?』などで知られる漫画家・福満しげゆき。代表作『生活【完全版】』の実写映画化が決定し、東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎が出演する特報映像が解禁となりました。

映画『ヒーローマニア』は、特殊な能力や超人的肉体を持つキャラクター、ではなく、身近に存在していそうな市井の人々が、小さな悪を成敗しながら世直しをしていくというアクションエンタテインメント。

本作で個性的なキャラクターを演じるのは、圧倒的な存在感と好感度を誇る若手実力派俳優No.1の東出昌大。これまでにない“ヘタレでダメダメな主人公”を等身大で見事に演じ切り、新たな境地へと踏み出しています。

また、ドラマ「デスノート」での熱演が記憶に新しい注目度No.1俳優窪田正孝、『渇き。』 や『近キョリ恋愛』をはじめ、映画、ドラマ、CMと、活躍の場を広げるティーンのカリスマ小松菜奈。更に、往年の名優・片岡鶴太郎が名を連ね、これまでにない豪華キャストの競演が実演。

今回解禁された特報映像は、東出、窪田、小松、片岡が独特なコスチュームに身を包み、街中を颯爽と歩くシーンから始まる。“一緒に戦わないか?”というキャッチコピーにつづき、街の平和を守るため奮闘する姿が映されており、彼らが繰り出すハイパー・アクションに早くも期待が高まる映像となっています。

実写映画化にあたり、福満先生からのコメントも到着。キャスト陣と対面した感想について「(東出さんに)本能的に抱かれたいと思った」、「小松菜奈さんは『人生ゲーム』の車に刺すピンのように小柄で可憐な女性」という先生らしい、独特の表現をしています。

【東出昌大コメント】

原作者の福満さんと原作ファンの監督、そして脚本家の継田さん、その3人の合作で、原作のエッセンスが抽出されている台本だなと思いました。こういうヘタレの役が初めてなので、「あ、こういう役に挑戦できるんだ」って思えて純粋に嬉しかったですね。共演した窪田さんは男らしく、職人気質にお芝居と向き合っていて、凄くかっこいい方だなという印象でした。小松さんはお芝居に対する向き合い方や現場での居住まい、芝居に集中する時ののめり込み方、どれをとっても真面目な方でした。また、登場人物4人の中におじさんが1人入っているというアンバランスさが、この原作の物語の面白さだと思うのですが、片岡さんが日下役を演じられ、保護者であり、本当の意味で真摯に見てくれる父であり、それでいて仲間でもあるといった、なんとも温かみのある人物になったと思います。人は社会の悪とかそういうものに憤りを感じたり、不平不満を感じたり、また、それを退治する妄想をすると思います。その妄想がそのまま映画になっていて、大事なところも勿論あり、ただバカバカしくぶっ飛んでいるところもある、そういう純粋性がこの映画の魅力だと思います。

【福満しげゆき先生コメント】
僕はですねー、主演の方々に2秒ずつぐらい会いましたよ。東出君はでかくてカッコよかったですねー。本能的に「抱かれたい…」って思いましたねー。
窪田君もでかかったですねー。本能的に「戦ったら…勝てない…」って思いましたねー。
小松菜奈さんは「人生ゲーム」の車に刺すピンのように小柄で可憐な女性でしたねー。
近くを通ったとき、編集者さんに「来ましたよ!見て!見て!」と言った自分に嫌悪感を抱きましたねー。

福満しげゆき「生活」が映画化! 『ヒーローマニア-生活-』特報
https://www.youtube.com/watch?v=xnq7EZ82GNE

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP