ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10m超えの巨大な貼り絵にびっくり!拝島高校の文化祭に潜入!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋といえば文化祭の季節!
 
全国の高校が、それぞれ特色のある文化祭を開催するなか、東京都昭島市の拝島高校では、毎年、全校生徒が参加して1つの巨大な “貼り絵” を制作していて話題なんだとか!
 
そこでさっそく、拝島高校の文化祭に行ってみることに!
 

文化祭ムード一色の構内
歓声の先には…

 
校舎内は、クラスTシャツを着た生徒たちがいっぱいで文化祭ムード一色! ラーメン店やタピオカジュース店など、クラスの出店が並ぶ校内を散策しながら、貼り絵を探していると…?
 

 

 
外から「すごーい!」という歓声が!
 

 
急いで外に出てみると、校舎の前に巨大な “貼り絵” が! 4階の教室まで届きそうなほどの大迫力で、どう見ても “絵画” にしか見えない!!
 

 
でも、近くで見てみるとたしかに青や白の小さな紙がびっしりと貼られている! これを高校生が作ったなんてびっくり!
 

17年続く、拝島高校伝統の巨大貼り絵

 
こんな巨大な貼り絵を制作することになったきっかけとは? 美術部顧問の武田博昭先生に聞いた。
 

「貼り絵制作は『生徒たちに、力を合わせてひとつの作品を完成させる喜びを経験してほしい』という想いから、17年前に始めました。貼り絵は、絵画と違って紙を貼る作業がほとんどなので、絵を描くのが苦手な生徒でも参加できますし、みんなで協力して作るのにピッタリだったんですよね」

 

画像:2011年度制作 ゴッホ「種まく人」

 

画像:2013年度制作 ミケランジェロ「天地創造」

 
貼り絵は毎年、美術部と美術選択者を中心に制作していて、文化祭の2カ月前からは、全校生徒も参加して美術の時間や放課後に作業しているとか。「どんな作品を作るか」「テーマは何にするか」も、生徒たちで決めているそう。
 

「これまでは世界の名画を作ってきたのですが、東日本大震災以降は、生徒から『貼り絵で被災地を励ましたい』という声があがり、 “被災地の方に届けたい想い” が表現できるような題材を選んでいます。今回は、歌川広重の浮世絵『高輪之明月』を題材にしているのですが、鳥が海を越える姿に『津波の経験を乗り越えてほしい』という想いを込めたそうです。今年は、以前から交流のある福島県の磐城(いわき)桜が丘高校に、色の指定を細かく書いた模造紙といろがみを送って、作品の一部を手伝ってもらいました」(武田先生)

 
文化祭当日、磐城桜が丘高校から作品を見に来たという生徒会の2名に遭遇! 完成した貼り絵を見た感想を聞くと、「間近でみると想像以上に大きくて、感動で鳥肌がたちました!」「震災から4年も経つのに、被災地のことをいまだに想ってくれていてうれしいです」と、とても感激した様子。
 

自分たちの色彩感覚を生かして、ていねいに紙を貼っていく

 
でも、これほど巨大で完成度が高い貼り絵を一体どうやって作っているの?
 

「今年は、9m×14mの貼り絵に挑戦したのですが、ここまで大きな作品を一気に作るのは難しいので、制作時はタタミ1畳分のベニヤ板に分けてから作業しています。まずは、原画のコピーを見ながら美術部員がベニヤ板に下書きをして、そこにみんなで紙を貼っていくんですよ」(3年生 美術部副部長・真栄城遥さん)

 

 

「紙の貼り方にもこだわりがあって、原画の筆の流れをうまく表現するために、5cm×1cmほどの小さい短冊状の紙を、方向や角度に注意しながら貼っています。あと、絵画のような立体感を出すために、同じ青でも濃さが違う紙を何種類も用意して、濃淡をつけているんです。今回は全部で50色の紙を使いました」(3年生美術部部長・杉渕飛研くん)

 

 
小さな紙をひたすら貼る作業は想像しただけで大変そう…。そんな貼り絵作りの魅力とは?
 

「紙を貼っている時は、正直『もうやめたい』と思うこともあるんですけど…(笑)、最後にベニヤ板を1枚1枚繋げて巨大な作品が完成した時の達成感は、貼り絵だからこそ味わえるものだと思っています。その感動があるからこそ『来年も頑張ろう!』『もっとみんなが驚くような作品を作ろう』と思えるんですよね」(真栄城さん)

「貼り絵制作は、大人数で作業するので、つらい時も『もうちょっとだから頑張ろう!』と励まし合えるんです。そうやって、 “みんなで作っていること” を実感できるのが魅力だと思います。この貼り絵は、拝島高校の誇りです!」(杉渕くん)

 

 
拝島高校の生徒の熱い想いが詰まったこの大作。12月から昭島市役所で展示されるそうなので、興味がある人は見に行ってみては?

投稿10m超えの巨大な貼り絵にびっくり!拝島高校の文化祭に潜入!リクナビ進学ジャーナル/大学・短大・専門学校や高校生に関するニュースサイトの最初に登場しました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
進学ジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP