ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無戸籍者だった33才女性 険しい道経て戸籍取得し仕事で充実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 藤沢簡易裁判所は8月7日、アキさん(仮名、33才)の出生届を提出しなかった母親に対し、「戸籍法違反」と認定。過料5万円を科す決定を下した。異議申立ては認められず、母親は横浜地裁に即時抗告した。

 アキさんは生まれてから今年の6月まで33年間、無戸籍のまま生きてきた──。

 アキさんの母親は九州地方で前夫と結婚生活を送っていた。しかし、前夫から日常的に激しい暴力を受けるようになり、1980年、逃げるように家を出て神奈川県に移住。アキさんの父親となる男性と同居を始めた。アキさんが生まれ、役所に出生届を提出しに行った母親は、窓口でこんな事実を告げられた。「離婚が成立していないので、生まれた子供は前夫の戸籍に入ることになります」。

 背景にあるのは民法772条。《婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する》。法律の壁に立ちすくむ母親に、役所はさらに恐ろしい事実をつきつける。出生届を出せば、前夫に居場所が知られてしまうというのだ。身の危険を感じた母親は、出生届を出さなかったのだ。

 無戸籍のまま社会と接点が持てずに過ごしてきたアキさんは、戸籍を取得するために動き出した。まず、神奈川県の家庭裁判所を訪れた。

 しかし、担当者から告げられたのは「法テラスに相談してください」(国民からの法律相談に乗る公的な支援機関)という一言。彼女はさっそく法テラスに電話したが、無戸籍という特殊な事例に対する理解が乏しく、最終的な解決策の提示には至らなかった。

 途方に暮れたアキさんだが、偶然、新聞で無戸籍関連の記事を見つけ、そこで知った前出の支援団体「無戸籍児家族の会」に連絡。同会からの支援により弁護士の紹介を受け、法的手続きをとることになった。

 前述のように、民法772条には「妻が婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する」と定められている。キさんが戸籍を得るには、この「推定」を覆す必要があった。そのための手段は以下の3つである。

【1】夫が自分の子であることを否定する「嫡出否認」
【2】前夫と子の間に親子関係がないことを確認する「親子関係不在確認」
【3】実の父に親子関係を認めてもらう「強制認知」

 前夫の関与が必要な【1】と【2】は実質不可能。アキさんは南弁護士と支援団体の助力で【3】の「強制認知」の手続きを裁判所で進めながら、最初に住民票を作ろうとした。国が管理する戸籍と異なり、住民票なら地方自治体の裁量が認められているからだ。

 法的手続きを進めている最中は、裁判所の発行する「事件係属証明書」を持って役所にいけば住民票が発行されることになっている。

「でも、現実は違いました。役所で書類を見せて説明しても、“戸籍がないと手続きできません”と言われる。本来、総務省の通達で住民票を作れるはずですが、役所のかたにさえその仕組みが理解されていないのです」(アキさん)

 最終的に住民票は作成できたが、その過程は容易ではなかった。健康保険証も作成した。彼女にとって初めての身分証となる健康保険証だが、その作成を喜んだのもつかの間。すぐに健康保険の未払い分を請求された。

「時効になっていない過去2年分、3万数千円を支払いなさいというものでした。今まで保険証がなくて病院にも行けなかった人に対し、あまりに心ない請求だと思います」(アキさん)

 支援団体の助力もあり、アキさんの状況は徐々に好転し、今年6月、実父に対する認知手続きが完了した。1か月後、母親は改めて彼女の出生届を提出し、父の戸籍にアキさんの名前が記載された。アキさんは、33才で初めて戸籍を手に入れた。

「自分の存在がこの世界に認められて本当にうれしかった。父も母も喜んでいました。両親はつらく苦しい環境の中、できることはすべてやってくれました。感謝しかありません」(アキさん)

 南弁護士の紹介で、清掃業の仕事にも就いた。代えがたい充実感があるという。

「仕事をすることがずっと夢だったので…。銀行口座を持ち、初めて給料が振り込まれた時は、本当にうれしかった」(アキさん)

 仕事と並行して、高卒資格を得るための勉強も始めようとしている。戸籍取得によって役所から裁判所に情報が上がり、冒頭の通り、8月には母親が藤沢簡易裁判所に戸籍法違反を問われ、不服申立ての裁判は今も続いている。降りかかる数多の試練を前に、アキさんは決して弱音を吐かない。

「科料の5万円を払えば済むという問題ではないんです。この判決が決定してしまえば、私が前例となり、無戸籍者の家族が今後同じような罰を受けることになってしまう。こんな前例を受け入れるわけにはいきません。同じ境遇のかたがたのためにも、私は諦めずに闘い続けます。そして、裁判がきっかけとなり、少しでも無戸籍の現状が理解されることを祈っています」(アキさん)

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
全国に1万人以上の無戸籍者 配偶者のDVで出生届出せぬ例も
『罪と罰』等名作の犯罪者を実際に裁判にかけたら…の解説書
仲里依紗 幼なじみのハーフモデルから浅野忠信を略奪愛

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。