体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

輝く雪の世界を満喫 − 現地の人が教えるカナダの冬の楽しみ方①

雪は素敵!スノーアート、Simon Beck

スノーアート Photo credit: Simon Beck

カナダでウィンターアクティビティーを楽しむ

もし雪をまだ見たことがないなら、人生に一度は体験すべきです。雪を見に行くなら、カナダがぴったりだと思います。「First time visitor to Canada, eh?」を読めば、カナダの旅行計画やおすすめルートを見つけられます。それに加えて、この記事ではどのようにカナダで雪を楽しめるのか。そのアイディアを具体的に紹介します。

基本的なこと言うと、ウィンターアクティビティーを楽しむコツは、まず暖かい服を選ぶことです。重ね着、ダウンジャケット、キルトと水に強いブーツ、暖かい帽子と手袋やミトン、スノーモービルスーツ。寒さに対応できる服を着れば、雪に覆われた池、畑、山、木の美を存分に楽しめます。

snowflake-300x225-compressor

もう一つのコツは、雪によってどのように外が変わるのかをよく観察すること。いつもより静かな雰囲気で、空気は澄んでいます。とても寒い日には雪が凍り、ブーツで歩くとカリカリと音がします。そして太陽の日差しが雪に反映して、キラキラと輝きます。少し温かい晴れた日には、雪が解けはじめます。そのときは森林に囲まれたような、自然に抱かれている感じがします。冬と雪を嫌わずに、寒さ対策をして満喫してみましょう!

雪の中でできるおすすめのアクティビティはいっぱいあるので、これを知っておけば様々な方法で冬を楽しめます。そして、この記事を読めば、どのようにカナダ人が冬を楽しんでいるのかがわかります。さらにVia Rail CanadaやCanadian Signature Experiencesのおすすめ体験も紹介します。まだ雪がキレイだと思っていないあなた! Simon Beckのスノーアートをご覧ください。

年の半分が冷たい雪に覆われたカナダで育つと、その環境の楽しみ方がわかってきます。なるべく早い段階で、それを身につけたほうがいいでしょう。私がケベックのモントリオールに住んでいた子供の頃、両親が庭にスケート場を作ったことを覚えています。そのときの雪は車道に駐車している車ほどの高さまで積もっていました。

スケートを習いはじめたのは、確か歩けるようになった頃と同時期くらいだったと思います。週末にはオンタリオのオリリアの近くにあるコッテージでスノーモービリングしたり、凍った池を渡って、クロスカントリースキーをしたりしました。今さら正直に言うと、私はカナダが冬の間、インドで過ごす期間もありますが、それ以外の期間はカナダの冬を楽しんでいます。

1)ウィスラーの冬(by Dave & Deb)

デイヴとDebはスノーモービリングにふさわしい服を着ています。ThePlanetD.comのDave Bouskillの優遇の写真。写真家:DaveとDeb

スノーモービリングにぴったりの服を着ているデイヴとデブ。Photo credit: Dave Bouskill via ThePlanetD.com

温度が下がり、雪が吹き始めたら冒険スタート! カナダ人としての誇りを持ちながら、その寒さを喜び、カナダでのウィンターアクティビティーを積極的に楽しみます。冬になったら必ずやるのはスノーボード。特にウィスラーは私の一番好きな冬のワンダーランドです。オリンピックでも使われたスノーボードコースなど、素晴らしいスノーボード・パークがあります。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。