ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスマスに向けておすすめ♡リース&ツリーネイルの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリスマスにぴったり♪とっておきのクリスマスネイル

まもなくクリスマスシーズン到来ですね。
パーティなども増えてくるこの時期、ネイルでおしゃれも気分も盛り上げちゃいましょう!
今回は簡単なのにプロのネイルアーティストからも評価の高い、とっておきのクリスマスネイルを2つご紹介します。
上品にもカジュアルにも作れておすすめですよ。

赤リボン×緑ラメで作る、クリスマスリースネイルの作り方

今回は、クリスマスにぴったりのリースネイル。おすすめは何と言っても「赤リボン×緑ラメ」。
ネイルをされる方なら、ラメ(グリッター)のひとつやふたつ、使い切れずに余っていますよね?
ご用意頂くものは、いつもお使いのネイル用品一式の他、ラメと細い筆。もちろんラメ入りジェルもOKです。
それから「リボン」のシール。あとは、お好みでストーン。
マニキュアの方は、ラメ入りマニキュアがあると簡単ですね。
【作り方の手順】
① 白系のベースを塗ったら、爪先の方にリボンのシールを貼ります。
クリアジェルをパレットに出し、クリアジェルを付けた細筆でラメを拾ったら、リボンを起点にリースを描きます。最初は点線で円を描くように、段々と円を太くしていくと失敗しません。
② 多めにとったジェルにラメをよく含ませてから、置くように描くと綺麗につきます。
アートの「格」は、ちょっとしたことで違ってくるものですが、今回の場合、ラメをリボンの際や下部にも丁寧に乗せることで、リースの感じがぐっと出てきますよ。
③ リースの上に赤のストーンやパールをオーナメントのように散らすとすごくかわいいですよ。
リースができたら1度、硬化させます。
マニキュアの場合はラメが定着するまで少し待ちます。
④ 仕上げはトップジェル、マニキュアの方はトップコートでラメを閉じ込めて、つるっと仕上げます。
色違いで「黒リボン×ゴールド」にすると、大人っぽいリースネイルに。
シルバーとゴールドを混ぜてシャンパンゴールドにするなど、ラメは、色を混ぜたり大きさの違うものを混ぜたりすると表情がつきます。

ラメで作れるツリーネイルは、パステルカラーで女子力UP♪

今回ご紹介するもう一つのクリスマスデザイン“ツリーネイル”も、この応用です。
リボンか星型パーツを頂点に、三角形にラメをのせてストーンを飾れば完成です。
リースやツリーネイルをアクセントに、残りの爪はさりげなく「雪の結晶」や「文字」で抑えてシックにしてもいいし、思い切りクリスマスデザインを散りばめても可愛いですね。ブルーやピンク系のリースもガーリーだと思います。
簡単ですが自在に作れるクリスマスネイルで、きらきらの季節を楽しんで下さいね!

松本寿美代(ATELIER Re-cue)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP