ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダルビッシュ翔容疑者 逮捕の瞬間「ふん……」と溜息ついた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月26日午後10時半。大阪府藤井寺市の真新しいアパートの駐車場で、複数の捜査員に取り囲まれる屈強な男がいた。

「逮捕な!」。そういわれると男は抵抗する様子を見せず、「ふん……」と溜息をついて警察車両に乗り込んだ──。

 逮捕されたのは、大リーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有投手(29)の弟で、人材派遣業を営むダルビッシュ翔容疑者(26)だった。容疑は野球賭博の開帳図利(とり)と常習賭博。捜査関係者がいう。

「翔は同じく開帳図利で逮捕された宋尚哉容疑者(29)、田中凌容疑者(23)と共謀し、今年5月中旬の7日間で、大リーグ16試合と日本のプロ野球28試合を対象に、複数の客から1口1万円で、計1850口の賭博の申し込みを受けた疑いがある。大リーグではレンジャーズ戦が1試合含まれていた。この賭博に客として加わった20~32歳の男女5人も常習賭博容疑で逮捕している」

 翔容疑者らを逮捕したのは、大阪府警捜査四課11係。全国でも珍しい賭博専門の捜査部隊だ。

 彼らが翔容疑者が「野球賭博に関わっている」との情報を得たのは去年の9月頃。そこから裏取り捜査で証拠を集め、逮捕に漕ぎ着けたのである。

 本誌も同じ頃、翔容疑者の疑惑を掴んでいた。今回、世間に大きなニュースとして受け止められたのは、翔容疑者が野球賭博の胴元で、しかもハンデ師も兼ねていたためだ。翔容疑者の“賭場”の内情を知る人物が、絶対匿名を条件に語る。

「賭場といっても参加者が集まる部屋があるわけではない。LINE上のグループです。そこにハンデが送られてきて、何口賭けるか伝えるだけ。翔は宋から伝えられたハンデを、自分なりに改変できる立場だった。さらに『今日は負け続けてる奴限定な』などと自分の考えで 場の参加者を調整していたようです。精算は毎週月曜日。現金の受け渡しは対面で、翔の後輩の田中が担うこともあった」

 このLINEグループは地元の友人を中心に集められていたという。

「1週間で100万円使う奴も出てきて、さすがに払えなくなって逃げ出す奴もいた」(同前)

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダルビッシュ翔容疑者 兄を助けたり泣いて詫びた「深い絆」
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々
「ワルを超えるワル」ダル弟帰省すると地元に夜間外出禁止令

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。