ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山下真司 ラグビー日本代表は「まさに『スクールウォーズ』」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、初めて1 大会3勝を挙げた日本代表。強豪の南アフリカに歴史的な勝利を収め、感動を呼んだ。そこで、今でも語り継がれる学園ドラマ最高傑作『スクールウォーズ』(TBS系)で、高校のラグビー部の監督役を演じた山下真司(63才)に、ラグビーについて熱く語ってもらった。

――ラグビーW杯、日本代表の試合はいかがでしたか?

山下:まるで『スクールウォーズ』みたいでしたね。あのドラマと同じように涙しました。ラグビーのW杯は優勝賞金がないし、名誉のためというか、アマチュアリズムにのっとって、仲間のために戦う姿は泣けますよね。久しぶりに、いい意味で鳥肌が立ちました。格好いいという言葉だけではすまされませんが、本当に格好よかったですね。

――どのあたりが『スクールウォーズ』に似ていると? 

山下:南アフリカ戦で最後の最後に逆転を決めたシーンなんてまさにそうでしたよね。日本代表は今まで弱小で、体が小さくて、勝てなかったじゃないですか。それを一気に盛り返したのは、忘れ去られそうになっていたラグビーを、国民に思い返してほしいというラガーマンの悔しさであり情熱だと思うんですよね。

『スクールウォーズ』でも弱小チームが、わずか数年で全国制覇を成し遂げるまでが描かれますけど、それは悔しさをバネにして必死に練習したから。滝沢賢治(ドラマの山下の役名)が生徒たちを鼓舞するところも、エディー・ジョーンズHCが選手に熱く語る姿とリンクします。

――五郎丸選手が、一躍ヒーローとなりましたね。

山下:それでも五郎丸選手は、自分が中心だとは言いませんよね。やっぱり一人の力では勝利はあり得ないと思うし、まさに“ONE FOR ALL, ALL FOR ONE”(一人はみんなのために、みんなは一人のために)のチームプレーで勝ち得たものだから。『スクールウォーズ』では何度も出てきた言葉ですよね。

 そうは言っても彼は主役といえば主役なんだよね。キックを決めないといけないので、その成否が勝敗を大きく左右する。3点というのは大きい。トライをする人もヒーローだけど、キックをする五郎丸選手は大変なプレッシャーの中でやっている。だから見ている方も面白いし、ハラハラドキドキもする。

――五郎丸選手のルーティーン、あのポーズが注目されていますよね。

山下:最初見た時は、けったいなポーズだなって思ったんだけどね(笑い)イチロー選手がユニフォームの袖を上げてバッドを回すように、自分を平常心にもっていく。プレッシャーの中で、どの角度からでもキックを決めないといけないのだから、ものすごい集中力だよね。

 ぼくも役者だから気持ちはわかるけど、そのポジションに立ったら誰も助けてくれないし、絶対に決めないといけない。チームのために、チームをサポートしてくれるスタッフのために、応援してくれる人たちのためにも、決めなくちゃいけない。考えると重圧に潰されるから、念じるしかない、みたいなところもあるのかもしれない。

 忍者が似たポーズをするでしょ。精神集中のためもあると思うんです。左右非対称な体の中心に力を集中させる。脱力してリラックスさせているんだと思いますよ。

――山下さんには、そういったルーティーンはありますか?

山下:ありますよ。必ず仕事前に缶コーヒーを飲んでいます。脳に糖分を入れないと頭が回らないから。家でコーヒーを飲むときには、糖分はあまり入れないんです。でも仕事の時は必ず、糖分入りのアイスコーヒーですね。多い時には5本とか飲んじゃう。撮影で疲れて集中力がなくなってくると、糖分を入れたくなるんですよね。

――いつ頃から続けているんですか?

山下:缶コーヒーが出てすぐの頃かな。『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)に出ていた時からコーヒーは飲んでいたけど、当時はまだ缶コーヒーがなくて。ボス(石原裕次郎)がキャンピングカーで来られていて、ぼくら新人もたまに「コーヒー飲むか?」って呼ばれて、ドリップして飲ませてくれたんです。

 当時コーヒーは贅沢もので、家でドリップするようなおしゃれな人はいなかったので、インスタントコーヒーしかなかったの。これが本物のコーヒーかって飲んで。それからですね。眠くなったり、ぼうっとしてきたりしないように、自分でもコーヒーを作って置いてありましたね。飲んでシャキッとするように。

――話は戻りますが、今までのラグビーの日本代表も、注目して見ていましたか?

山下:見ていましたけど、負け試合が多かったですからね。今回は強かったですよね。だから、びっくりしましたよ。弱い時の全日本も知っていますから。それにぼくとしては、どうしても『スクール☆ウォーズ』と重ねて見てしまうから、ぼくなりの実感としてすごいなって思うところはありますね。

 以前、フランスで、フランスのナショナルチームではない下位のチームとやっていたんだけど、全日本はそれでも全然歯が立たなかったので、海外でラグビーを見るのはやめようと思ったからね、あまりの力の差に。もう早稲田と明治の試合だけ見ていた方が面白いなって、そういう風に思っていた時代もありましたよね、何十年か前ね(笑い)。

 でも、今回の活躍を見てやればできるんだなって。諦めちゃダメなんだって思いました。南アフリカとの試合もそうだけど、最後の最後まで諦めないでやるというのは、言葉にするのは簡単だけど、そう容易なことじゃない。それを実現させたことで、見ている人に勇気と希望を与えたと思います。南アフリカ戦の最後の逆転のシーンでは、ぼくの中ではずっと『ヒーロー』(『スクールウォーズ』の主題歌)が流れていました(笑い)。

【山下真司】
1951年12月16日生まれ。山口県出身。1979年の『太陽にほえろ!』のスニーカー刑事役でテレビデビュー。主演した『スクールウォーズ』の熱血教師役で一大ブームを巻き起こし、ドラマ内の「俺はこれからお前たちを殴る」の台詞が注目を集めた。『くいしん坊!万才』で4年にわたりレギュラーを務めた。バラエティーやドラマなどで活躍している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
進化するインスタントコーヒー 女性が牽引「短時間で本格的」
コーヒーを1日4~5杯飲む男性 死亡リスクが12%低下と判明
ダイアモンド☆ユカイ 「うまいコーヒー」探求を続けている

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP