ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球改革 金村氏はセのDH導入、江本氏はCS廃止を提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のプロ野球は様々な問題を露呈した。今季、特にファンをシラケさせたのが、セ・パの実力差だろう。交流戦が終わった時点で、セに勝率5割を超えるチームがなくなったのは深刻だった。

 これを解消する方法はある。セ・リーグでもDH制を導入するのだ。「両リーグの実力差の原因は、DH制の有無」というのは野球評論家の金村義明氏である。

「DH制がないと投手に打席が回ります。いい投球をしていても途中で交代させる必要が出て来るので、早めかつ効率的に点を取っておこうとスモールベースボールに走る。結果、バント要員が必要になり小さくまとまってしまう。一方のパはその心配がなく、攻撃力重視で下位打線まで組めばいい。野球が違うんですよ。例えばソフトバンクの今宮健太なんか、セの球団だったらずっとバントさせられていますよ」

 投手の打者に対する攻め方もセとパで違う。

「セなら下位打線に一発を食らう危険は少ないが、パでは全員に一発があるため、パの投手は誰にでも厳しいコースに力のあるストレートを投げ込んでくる。だからセの打者はパの投手を打てない。セがDH制を導入すれば、ここまでの戦力差はつかないと思いますよ」(金村氏)

 一方、江本孟紀氏は「クライマックスシリーズ(CS)廃止」こそが格差の是正に繋がると提唱する。

「これはセ・パ共通の傾向ですが、今では勝率5割ならCSに進むことができるので、5割を目指せばいいや、という野球になってしまっている。これでレベルが向上するはずがない。特にセのような全体のレベルが下がったリーグで、弱い者同士が競っているようでは何も解決しない」

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野球賭博ハンデ師による真剣な予想順位 阪神が悲願の優勝か
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化
阪神補強「捕手9人や左投手ばかりで意味不明」と金村義明氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP