ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体温でライトが点く「懐中電灯」。電池はもう要らない!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人肌程度の体温をもとにして電力を賄える懐中電灯が開発されました。「熱電式発電機」を利用したシンプルな構造になっており、指で触れるだけでライトがついちゃいます。

電池が要らない!?

形はちょっとゴツゴツしたスマホのような感じ。「Lumen」は、手を触れた際に内部パーツに生まれた温度差から電力を生む優れもの。外気温と体温におよそ10℃ほどの温度差があれば十分にLEDに光を灯すことができます。

たとえば、外気温が27度で体温が36度なら、15mA/3Vの電力を生むことができるそう。さらに温度差が大きければ余分な電力を蓄電することもできるのだとか。

ボディはアルミニウムとチタニウム製の2種類。今はKickstarterで出資を募っている段階ですが、アルミニウム製の「Lumen」なら送料込みで1個35ドル(約4,200)から予約ができます。

スマホのフラッシュライトくらいの明るさがあるので懐中電灯には十分。電池がいらないと考えると、緊急時用として持っておいても十分頼りになりそうですよね!



Licensed material used with permission by Lumen

関連記事リンク(外部サイト)

1万円台で買える、手のひらサイズの「ドローン」
電気代を5分の1に!災害にも強くなる太陽光+豆知識4選
1日たった15分!「猫背」を矯正してくれるガジェット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP