ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かわいいペンギンがお出迎え 東京初「ペンギンのいるBAR」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・池袋でペンギンといえばサンシャイン水族館……ではあるのだが、もう1か所ペンギンのかわいい姿に癒される場所がある。その名も『ペンギンのいるBAR』は、店内の水槽で暮らす4羽のペンギンたちを眺めながら食事やお酒を楽しめるという、ちょっと変わったバー。

「ボクの名前はテッペイ。2年前、池袋店オープンのとき、沖縄店から転勤してきました!」

 店内はガラスで仕切られ、ペンギンがいることを除けば、スタイリッシュなバー。オシャレなカクテルを傾けつつ、ふとペンギンスペースに目をやると…、テッペイ夫婦が子づくり真っ最中。

「すみません、なんたって新婚なものですから(笑い)。でも、こういったボクらの日常を見ていただけるのが、当店最大の魅力だと自負しております!」

 ペンギンは一夫一婦制で、一度つがいになると生涯添い遂げることから、夫婦愛のシンボルといわれている。カップルでの来店はもちろん、結婚式の二次会などに利用されることもあるという。

「でも、いちばん多いのは女子会ですね。ボクらの姿を見て『うらやましいわ~』とおっしゃるかたも多いです」

 ここにはもう1組、ペンタとピーコという夫婦もいて、現在夫婦交代で卵を温め中。2組のペンギン家族が仲よく遊ぶ姿が見られる日も、そう遠くないかも。

【プロフィール】
名前:テッペイ ♂
年齢:4歳
種類:ケープペンギン
勤務先:ペンギンのいるBAR池袋店
職種:接客業
主な仕事内容:お店に来てくださるお客さまに、ちょっとした非日常を楽しんでいただく。
お給料:豆アジ。お客さまの人数によって、餌やりタイムでもらえる量が変わる歩合制。
好きなこと:毎晩オープンの1時間後くらいにある餌やりタイム!!
嫌いなこと:カメラのフラッシュ。ガラスを叩かれること。
現在の悩み:結婚したばかりの奥さんが、なかなか卵を産まないこと。
将来の夢:子供たちと家族みんなで働きたい!

撮影■山口規子

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女性を誘いやすい「ペンギンがいるBAR」 餌やりタイムあり
水族館の動物のお値段 ペンギン=1200万円、シャチ=1億円
懐かしの70年代ヒット文具 ロケットペンシル、暗記ペンなど

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。