ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マウスもキーボードもいらない!指先1つで端末と通信する夢のデバイスが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タッチセンサーにジェスチャーコントロール、音声認識。パソコンを動かすためのテクノロジーは日々発達しており、もはやマウスもキーボードもいらないのでは、という錯覚さえ起こさせる。

そんな中、また1つ驚愕の技術が登場した。イスラエルのスタートアップ企業、MUVによる最新型デバイス「BIRD(バード)」である。

・あらゆる空間をインタラクティブに変換

モーションセンシング技術を応用した「BIRD」は、人差し指に装着することで、各端末と直接通信する画期的な小型デバイスだ。

マウスもキーボードもいらない。複数のセンサーからのデータを、瞬時にリアルタイムで統合し、分析。指先1つでどんな空間でも、インタラクティブ(相互作用的)にしてしまうという、驚きのシステムを実現している。

何と言ってもうれしいのは、従来の通信デバイスのように、居場所の制限を受けないところ。

部屋のどこにいても、コンテンツのタッチやプッシュ、プル、スワイプ、グラブなどの操作が可能。これまでとは比べものにならないくらいスムーズな動きが、デジタル生活を激変させる。

・ビジネスシーンでの活躍に期待大

特にミーティングやプレゼンテーションでは、劇的な効果を発揮。

プロジェクターや映写スクリーンを用意する必要はない。パソコンの画面から投影したい場所へ直接スライドさせれば、そこが壁であろうとテーブルの上であろうと、任意のスクリーンに早変わりする。

メンバー全員が「BIRD」を使えば、さらに便利。表示されているコンテンツを拡大したり、部分的に取り出すなど、自身が理想とする状況を作り上げることもできる。もちろん、その場のシェアや拡散も思いのままだ。

今年の “Consumer Electronics Show 2015”に出品され、評判を呼んだ本品。現在プレオーダー受け付け中。一般小売り価格349ドルのところ、249ドルで入手可。尚、先着1万台には、特別割引価格149ドルが適用される。

BIRD

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP