体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アットホームってレベルじゃねえ!のんべえ達の秘密の魔窟!

f:id:mesitsu_la:20150930191353j:plain

まずはじめにお断りしておきます。

このお店は、素人にはオススメできません。

営業許可は取得しているものの、到底飲食店とは思えない店内。

濃すぎる客層。

独特の雰囲気を醸し出す女性店主。

自由すぎる注文のシステム。

この記事を読んで、軽い気持ちで足を踏み入れると、ヤケドしますぜ!

「スペースネコ穴」は地下鉄四条烏丸駅から歩いて5分ほどの距離にあるのですが、あえて詳細は伏せさせて頂きます。

店主タマさんのご意向で、記事を読んで、いっぺんに多くのお客さんが来られても…とのこと(恐縮です!)。

京都の一部のコアでディープな界隈の、知る人ぞ知るお店、というか、家?部室?寮?なんと説明すれば良いのかわかりません。

もし周辺に「コアでディープな界隈を知る人」がいらっしゃっる方は、一緒に連れて行ってもらうと良いでしょう。

ということで、異端のグルメレポートとなりますが「京都にはこんな変わったお店があるんだ」ということを皆様にお伝えしたく、京都在住7年目のライターmamitaがお届けします。

案内人&友人たちと共にいざ突入

「なんかスゴいディープなところがあるらしい」と噂にはきいていたネコ穴。私の友人がネコ穴の常連だそうで「是非一度行ってみたい!できれば取材もさせてもらいたいんやけど‥」と無理を承知でお願いしたところ「よし、みんなで行ってみようか!取材については俺が交渉してみる!」と頼もしく快諾。友人の粘り強い交渉のおかげで、なんとか取材もOKしてもらうことができました。

そんな経緯で、我々一行、ネコ穴に突入してきました。

案内人を買って出てくれた友人が居なければ一生辿りつけそうもない、猛者の集うハンター試験会場のようなお店です。

案内人の解説を元にレポートします。

f:id:mesitsu_la:20150930191357j:plain

早々に出来上がって上機嫌の案内人、植田元気くん。写真奥は常連さんです。

到底飲食店とは思えない店内

家…おばあちゃん家…いや年季の入った部室…それとも京都の某有名寮のような…

到底飲食店とは思えない店内は、謎の品々に溢れています。

f:id:mesitsu_la:20150930191353j:plain

溢れかえるカウンター。

f:id:mesitsu_la:20150930191411j:plain

半開きの引き出しからはみ出す何か。

f:id:mesitsu_la:20150930191403j:plain
1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。