ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1万円前後で買える!オトク&おすすめの秋家電

DATE:
  • ガジェット通信を≫


秋は冷蔵庫や掃除機をはじめとする生活家電の新製品が発売される季節。大型家電の買い替えとなると決心が必要だが、なかには1万円前後で買えるお役立ち家電も数多い。そこで、毎日の家事の手助けになる、リーズナブルな価格帯のアイデア秋家電を紹介する。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●6000円~1万円台で買える、最新「家事効率化」アイテム
主婦の細かいニーズをくみ取ったアイデア家電。その新製品のなかで、時短や家事効率化の手助けになりそうなものをピックアップしてみた。

【クラシックオーブンルンド】(レコルト)
コンパクトでカラフルなスタイリッシュ調理家電シリーズ「レコルト」。その新製品は、クラシックなデザインがかわいいトースター。特徴は本体から取り出せるスライドラックで、グリル後の料理や焼き立てアツアツのトーストなどをそのまま取り出して、テーブルの上に置くことができる。食器を洗う手間も省けるので、忙しい朝などに重宝しそう。メーカー希望小売価格:6000円(税別)。

【2in1 スチームアンドプレス DV8610J1】(ティファール)
2015年10月発売。パワフルスチームで衣類のシワをほぐすガーメント(衣類)スチーマーに、アイロン機能をプラスした優れもの。スイッチを入れると約70秒で使用でき、ハンガーにかけたままでさっと衣類のリフレッシュができるため便利だ。コンパクトサイズなので、襟や袖口などにもしっかりアイロンがけができる。メーカー希望小売価格:6480円(税別)。

【段ボールカッター】(アイリスオーヤマ)
回転する刃で固い段ボールなどの素材を簡単に切断できるカッター。かさばりがちな段ボールをコンパクトに保管でき、処分も楽に。指が刃にふれるのを防ぐカバー付き、誤作動防止にも配慮した安全設計もうれしい。メーカー希望小売価格:オープンプライス。

【カラリエ 衣類乾燥機IK-C300】(アイリスオーヤマ)
室内干しの衣類を通常の約半分の時間乾かせる乾燥機。業界初の大小2つのファンを搭載した新機構によって、独自の「スパイラルドライ気流」を発生。洗濯物に直風することで衣類を効率的に乾燥できる。首ふり機能で広範囲にまんべんなく送風することもでき、洗濯物の量が多いときの乾きムラを防止。部屋干し独特の生乾き臭も抑えられる。メーカー希望小売価格:オープンプライス。

【ダッスイーSD3500】(クマザキエイム)
洗濯物の乾燥時間を大幅に短縮できる、パーソナル脱水機。毎分2500~2700回転で、ジーンズなど厚手の生地もわずか5分で脱水可能だ。コンパクトサイズながら2.5kgの大容量で、ベッドカバーなどの使用もOK。重量は8.4kgで、収納場所から持ち運びしやすい点もポイント。価格:1万9800円

上記はオープンプライスのものも含め、いずれも6000~1万円台で買えるものばかり。これらお役立ちアイテムを賢く使って、家事の手間を軽減しよう。
(文・前田智行)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

1万円前後で買える!オトク&おすすめの秋家電はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

40男の目利き力が試される『店舗せどり』で稼ぐ
注目必至! インバウンド関連株の選び方
コラボ続々!「家電少女」って何?
「身体にまつわる都市伝説」の過去記事一覧
女心がわかる!? ホンネの恋愛事情 記事一覧

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP