ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【愛媛最新レポ】 “四国の軽井沢”久万高原町 絶品「トマトジュース」&ご当地新バーガー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


愛媛県の久万高原町は、西日本最高峰・石鎚山のふもとにある、自然豊かな農村の原風景が楽しめる町で“四国の軽井沢”とも称される町。その久万高原町で特産の「トマト」を使ったジュースをはじめ、ご当地グルメが続々と登場している。
久万高原町のトマト農家が、完熟トマトだけを自ら搾って作ったのが、特製のオリジナルジュース「赤の元気」。さっぱりとした味わいの「夏獲れ」と、コクがある味が楽しめる「秋獲れ」の2種類がある。添加物は一切ゼロ、産地でギリギリまで完熟させたトマトのみを使い、皮と種だけを取り除き、1瓶180mlにはトマト約2個分が入っている。1年じゅう味わうことができる。
 
また、久万高原町で採れたトマトを使って焼き上げたクラッカーも、地元では人気。「さくっと!! トマト」は、トマトピューレを練り込んだ、シンプルなクラッカーで、塩味と砂糖味の2つの味が楽しめる。

さらに、トマト以外にも、久万高原町で今年2015年夏にデビューしたご当地バーガーも、ぜひ味わってほしい。道の駅「天空さんの郷さんさん」にあるパン工房で、新メニュー「媛っこ地鶏バーガー」が開発され、販売スタート。愛媛県のブランド地鶏・媛っこ地鶏、地元産のレタスとトマトを使い、早速、人気の商品となっている。
いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/
久万高原町観光協会http://www.kuma-kanko.com/
(Written by Aki Shikama)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【EU旅レポ】「レッドブル」に新味!カロリーゼロのシルバー缶をフランスで発見
ヒットの予感!? 日本未発売の新エナジードリンク「Go&Fun」を飲んでみた
チェコで日本未発売のレッドブル「コーラ味」を飲んでみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。