ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もういびきに悩まされない!?寝ている間に枕を自動調整するガジェットがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いびきで悩んでいる人は少なくないだろう。睡眠の質が落ち、隣で眠っている人の安眠妨害にもなる。

しかも、努力すればコントロールできる、というものでないのが辛いところ。そこで、強い味方となりそうなガジェットを紹介しよう。クラウドファンディングサイトKickstarterに登場したいびき防止装置「Nora」だ。

・いびきをキャッチすると枕が動く!

米サンフランシスコ拠点のスタートアップが開発したNoraは、いびきの音を感知するセンサーと枕の下に置くインフレーター、インフレーターに空気を送るポンプの3つがセット。

使うには、ベッド近くにセンサーを置き、そして枕下にインフレーターを設置する。インフレーターとつながっているポンプはベッド下にくる。

これで準備は完了。いざ眠り、センサーがいびきをキャッチするとポンプが自動的に動く。

・枕が動いて頭の位置が変わる!

そしてインフレーターに空気を送ったり抜いたりして枕の高さなどを変え、これにより頭の位置が変わり、いびきを抑制できるのだという。

というのも、眠りが深くなると喉の筋肉が弛緩し、気道が狭まることでいびきにつながる。Noraは頭の位置を変えることで十分な気道を確保し、いびきを防ぐ。

・静かに作動

このガジェットのメリットとしてはまず、マスクや鼻ピンチなど体につけるものが一切ないので、わずらわしさがないことが挙げられる。

また、ポンプやインフレーターは静かに作動し、隣で眠っている人を起こすことがなく、どんなタイプの枕ででも使用できる。

Kickstarterではすでに目標額の3倍超を集めるという人気ぶりで、商品化はほぼ確実となった。

予定小売価格は299ドルだが、今なら239ドルの出資で入手できる。出資受け付けは11月12日までなので、いびきに悩んでいる人はお早めに。

Nora/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP