ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカン・トイや廃材がシャンデリアに! キム・ソンヘの展覧会『トロフィー』が開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャンデリアアーティスト、キム・ソンヘの展覧会『トロフィー』が、11月6日からラフォーレミュージアム原宿で開催される。

今年でデザイン活動10周年を迎えるキム・ソンへは、1982年に生まれた東京出身のシャンデリアアーティスト。ぬいぐるみやアメリカントイといった既成のアイテムをコラージュした作品が特徴的で、これまでには、木村カエラのアートブック『Session』や、ハナエのPVなどに参加しているほか、国内外の企業やブランドへの作品提供や空間ディスプレイ、プロダクトデザインなど、その活動は多岐にわたる。

本展は、キムが学生時代にもらったトロフィーの思い出を背景に、自身のこれまでの軌跡を辿りながら新たな可能性を表現する。今回のために制作した巨大シャンデリアや、彼女の作品集を撮影した市橋織江のオリジナルプリント、自身の仕事部屋を表現した制作ルームでのインスタレーションなどが展示されるほか、映画『グレムリン』のキャラクター・ギズモが溢れる「グレムリンルーム」も登場。

また、「卒業 / 出発」をテーマにした初の作品集『Trophy』が11月6日に発売。アートディレクションは田部井美奈が手掛けている。

キム・ソンヘ展『トロフィー』
2015年11月6日(金)~11月15日(日)
会場:東京都 ラフォーレミュージアム原宿
時間:11:00~21:00(11月6日は18:00閉場、入場は閉館の30分前まで)
料金:無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP