ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NetGuard : root化不要、アプリ単位でインターネット接続を許可 / 拒否できるオープンソースのAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

root 化することなくアプリ単位でインターネット接続を許可 / 拒否できるオープンソースの Android アプリ「NetGurad」の開発プロジェクトが行われています。NetGuard は簡単なタップ操作でアプリのインターネット接続を Wi-Fi / モバイルデータ別に許可 / 拒否できるアプリです.独自に VPN を張って機能を実現しているので、root 化は不要です。このアプリは Android の「データ使用」メニューなどを見て頻繁に通信を行っているけど使わないようなアプリの通信を止めたい場合や、少しでも通信量を抑えたい場合、ローミング中に無駄な通信を発生させたくない場合に役立ちます。アプリの操作は極めて簡単。一覧に表示されるアプリの右側の Wi-Fi / モバイルデータのアイコンをタップして、許可 / 拒否を切り替えるだけです。当然のことながら、通信を拒否した場合はそのアプリのデータが読み込めなくなるほか、通知も受信できなくなるので、利便性は悪くなります。その点を理解したうえでご利用ください。NetGuard は現在、オープンベータ版として試験配信中です。下記のリンク先に申請フォームで「テスターになる」をクリックするとダウンロード可能になります。Source : Google PlayXDA Developers

■関連記事
もしもシークス、毎日速度制限をリセットする新たなデータ使い放題プラン「これでもかっ!!」を提供開始
Sony Mobile、XperiaのAOSPプロジェクトにカメラのソースコードを追加へ
Huawei Japan、Ascend P7の新ビルド「P7-L10 V100R001C00B177」ソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP