ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猫好き必見!シンガポールの猫博物館で触れ合いながら歴史を学ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールのCAT MUSEUMに行ってきた

こんにちは、TRiPORTライターのSeinaです。現在私は家族と一緒にシンガポールで暮らしています。シンガポールというと「キレイだけど規制が厳しい」というイメージが定着しているようです。HDBと呼ばれる公団住宅が国民の居住の大半を占めることから「ペットは飼えない」と思っている方も多いのでは? 実際のところはどうなのでしょうか。

実はペットが飼いやすいシンガポール

実際、シンガポールで猫を飼っている人は少なくありません。ペットショップにも猫用品は数多くありました。そしてHDB内の道路やショッピングモール、公共スペースを歩いていると、よく猫に会います。猫のためにエサや水がおかれていることも、よくあります。ここの猫たちはとても毛並みがよく、穏やかでキレイな街中にいても違和感がなく、地域と共存できていることに驚かされました。

猫たちを観察していると、共通のある特徴に気づくことができます。それは「耳」。よく見ると耳がカットされています。これは「Ear Tipping」という避妊済みの印。

このような保護活動は愛護組織が行っています。一般の人にもその活動を知ってもらう広報の一環として「猫博物館」があると聞いたので、猫好きの息子を連れて行ってみることにしました。

猫の博物館に行ってみた

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールのCAT MUSEUMに行ってきた

猫博物館の正式名称は「Lion City Kitty™ – The Cat Museum, Muses & Mansion of Singapore」。ショップハウスが立ち並ぶ中、非常に狭い間口に博物館の看板があります。階段を上って、靴をロッカーに預けて入場料9ドルを払い、入場しました。

3つフロアから成る博物館には、それぞれのフロアに役割がありました。下の階からエントランス&ネコグッズ展示スペース、ネコの歴史紹介&里親募集中ネコたち放牧スペース、里親募集しない住民ネコたち放牧スペースという作りです。入場料を払うと各階を自由に行き来することができます。日本の猫カフェによくある「飲み物の注文の義務」や「年齢制限」はありません。

猫の歴史は国の歴史

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールのCAT MUSEUMに行ってきた

2階にあるネコの歴史紹介&里親募集中ネコたち放牧スペースでは、シンガポールの猫の歴史を学ぶことができます。シンガポールにはもともとマレーキャットという猫がいました。そしてイギリス植民地時代にはイギリス人が持ち込んだブリティッシュショートヘアやマンクス、商業のために移り住んできた中国やインドからの移民が連れてきたネコたち、そして悲しい歴史ですが日本占領下にあった時代にやってきた日本猫たち…。

このようにいろいろな国のルーツを持ったネコが今のシンガポールには混在しているそうです。猫の歴史は国の歴史とともにあったと言えるでしょう。

ラブ・キャット・プログラム

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールのCAT MUSEUMに行ってきた

シンガポールも日本と同様にペットブームでありますが、同時に不法投機や殺処分がとても大きな問題になっています。この「猫博物館」は、猫の安住の地を提供することに加えて、新たな出会いの場を見つけるところでもあります。

里親募集中ネコたち放牧スペースでは、猫の愛護団体「キャット・ウェルフェア・ソサエティ(Cat Welfare Society)」の協力で里親探しが行われます。そして「ラブ・キャット・プログラム」の推進の拠点の1つでもあります。

「ラブ・キャット・プログラム」とは飼い猫の登録を義務付けることや、団地内40ヶ所に共同の餌やり場を設置するなど、地域の中で猫を大切に、衛生的に飼えるようにした地域猫と生活者の共存推進プログラムです。選挙区内のHDBでこのプログラムが始まったことから、推進の中心人物となったK.シャンガム外務・法務大臣はこの博物館のオープン時のスペシャルゲストでした。

3階の里親募集しない住民ネコたち放牧スペースの猫ちゃんたちはとても行儀がいいです。彼らはここで産まれ育っているのでここの環境に慣れています。リビングに客人を招き入れたホストのように振る舞う猫たちには驚かされました。

ちなみに子供連れの場合はスタッフの方が「猫との接し方」を教えてくれるので安心です。実際にたくさんの猫と素晴らしい時間を過ごすことができました。この団体に関わる人の心のこもったケアが、ここに住む猫たちに安らぎを与えているのでしょう。

規則は厳しくてもペットを飼うチャンスが多いシンガポール。猫博物館にいる猫たちにもたくさんの出会いがあってほしいと願っています。

ライター:Seina Morisako

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールのCAT MUSEUMに行ってきた

シンガポールのCAT MUSEUMの旅行記はこちら

*Seina Morisako「シンガポールのCAT MUSEUMに行ってきた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP