ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松井常松、12月に1年振りのソロアルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年ソロ活動25周年を迎え、NEW WAVE×AMBIENT×TRADを横断する世界基準のミュージックプラン「よろこびのうた」シリーズを再始動させ、話題作『Reverie』をリリースした元BOØWYの松井常松。そんな彼が早くも1年振りにシリーズ続篇最新作『Moments In Love』をリリースする。

今作は全篇松井常松本人のプログラムとヴォイスコラージュによるインストゥルメンタルとなっており、近年の海外テクノアーティストのサウンドと連なるようなバレアリックなテクノ/アンビエントという、ファンに限らず、ダンスミュージック、ポストロック、インストゥルメンタルミュージックファンにも訴えかける意欲作として仕上がった。

なお、全てのトラックは花のモチーフとなっており、1曲1曲それぞれが美しく可憐、深淵なサウンドスケープが全篇に広がっている。また、11月2日より、松井常松自身のエディットによるアルバムダイジェスト”Moments In Love-digest”の先行視聴もスタートしているので、そちらも是非チェックを。

■「Moments In Love-digest」先行視聴
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024941.html

【松井常松よりコメント】
前作「Reverie」のコンセプトは「目覚めている時の幻想、夢想。幻想曲。今まで誰も聞いたことのない、無国籍で幻のような音楽。革新的でもあり、普遍的でもあり。自由で危うい、白日夢のような音の集まり」ということでした。基本的な部分、制作手法や取り組む姿勢のようなものは前作を受け継いでいます。大まかなジャンルとしては アンビエント/テクノ といったところなのでしょうが。ただ、そこはやはり人が作るものなので、その時々の心の有り様がダイレクトに作品に影響します。今作「Moments In Love」は、よりエモーショナルでポジティブな仕上がりになっていると思います。アルバムタイトルは、1983年にリリースされた「Art Of Noise」の名曲をリスペクトさせていただきました。テクノというコンピューターを使った音楽の世界を切り開いたのは「Kraftwerk」ですが、それをサンプリングという手法で大きく進化させたのは、やはり「Art Of Noise」だったのだと思います。ただの環境音楽ではなく、聞く人の心を揺さぶりながらも、最終的には安らぎを得られるような、そんな音楽作りを目指していきたいし、続けていけたらいいなと思っています。

アルバム『Moments In Love』
2015年12月23日(水)発売
VICL-64497/¥3,000+税
<収録曲>
01.queen of the night 
02.anthurium 
03.hydrangea 
04.amaryllis 
05.jasmine
06.baby’s breath 
07.four-o’clock 
08.lotus 
09.iris 
10.anemone 
11.wisteria 
12.orchid 
13.dahlia 
14.gerbera 
15.lupinus 
16.lily of the valley

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。