体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビールに隠された「健康効果」。ガン、脳卒中、糖尿病にまで・・・

「とりあえず生で」

が口癖のあなたに朗報かも?じつはビールには健康効果がいくつも発見されているようです。

飲みすぎはもちろんNGですが、仕事終わりの一杯が、あなたの健康に一役買っているのかもしれませんよ。

01.
日常的にビールを飲む人は
重病の発症率が低い

ビールに隠された「健康効果」。ガン、脳卒中、糖尿病にまで・・・

スウェーデン・ヨーテボリ大学が、およそ50年間にわたって1,500人の女性を追跡調査した研究結果を見てみましょう。

週に1〜2回ほど、適量のビールを嗜んでいる人は飲酒量が多い人、または全く飲まない人に比べて心臓病、脳卒中、糖尿病、ガンの発症率が30%も低かったそうです。すごい!

とはいえ、もちろん飲み過ぎには注意。イタリアの医療財団が20万人を対象に行った調査でも同様の統計結果が出ているようですが、飲酒量は1日に1パイント(約570ml)ほどが適量との結果に。500ml缶1本程度がちょうどいいのかも。

02.
日焼けにも効く!?

意外ですよね。Preventionによれば、ビールにはファイトニュートリエントと呼ばれる植物栄養素が含まれており、強い抗酸化効果が確認されているようです。
体内の活性酸素を、酸化ダメージに変わる前に回収してくれるため、日焼けの影響を和らげるような効果が期待できるのだとか。

トマトやコーン、米ぬかなどにも同じ成分が含まれていますが、ビールを飲んだ方が吸収率が高いとの研究結果が出ているようです。

03.
尿管結石の発生率が
40%も低かった!

ビールに隠された「健康効果」。ガン、脳卒中、糖尿病にまで・・・

3大激痛のひとつにも数えられる尿管結石は誰もが避けたいところ。

ビールは水分含有量が多く(93%が水分)、排尿によって毒素を体外へと出す効果があるとも言われています。そのため、腎臓機能を正常化させるとも。

さらに、ホップに含まれる成分が骨のカルシウム分解スピードを遅延させるため、腎臓内に結石が生まれるリスクが減るとも考えられています。

American Journal of Epidemiologyに発表されている研究では、50歳~69歳までのフィンランド人男性27,000人を対象に健康状態を調査。日常的にビールを飲んでいる人は、そうでない人に比べ尿管結石の発生率が40%も低い結果に。

04.
骨密度にも関係アリ。

ビールに隠された「健康効果」。ガン、脳卒中、糖尿病にまで・・・

アメリカ・タフツ大学の研究では、1日1〜2杯程度のビールを日常的に飲むことが骨密度強化に繋がると考えられる統計結果が。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy