ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AGA用新薬「ザガーロ」 従来薬と比べ優位な効果を医師語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 男性型脱毛症(AGA)の患者は1000万人以上といわれ、外見に対する男性の意識の高まりから専門医に相談する人が年々増えている。そんな薄毛の男性たちの救世主と期待される新薬が、もうすぐ発売になる。

 AGAに悩む男性が脱毛予防や育毛対策として拠り所にしてきたのが、「ミノキシジル」と「フィナステリド」といった薬剤だ。

 前者は「リアップ(外用薬)」、後者は「プロペシア(内服薬)」という商品名で販売されている。特にプロペシアは世界60か国以上で処方され、日本では2005年の登場以来、その有効性の高さからAGA治療薬として広く用いられてきた。

 しかし、それらを凌ぐ新たな薬が11月中にも登場するといわれ、AGA患者が熱い期待を寄せている。その新薬とは、9月28日に厚生労働省の承認を取得し、グラクソ・スミスクライン社が製造販売する「ザガーロ」(一般名・デュタステリド)だ。

 頭髪治療のスペシャリストとして知られる東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男院長が語る。

「すでに韓国では処方されています。日本で発売されたら当院ではすぐに入手、処方するつもりです。従来品を使用していてもなかなか効果が表われない患者さんの中には、すでにザガーロを予約している人もいるほどです。

 ザガーロとプロペシアの大きな違いは、抜け毛の原因とされる物質を阻害する成分量がザガーロの方が多いこと。プロペシア1mgの効果をザガーロは0.1mgで期待できる。プロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されていますが、ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類が販売されます」

 グラクソ社によれば、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは前立腺肥大症治療薬として2001年にアメリカで承認されたものだという。

「その後、AGA治療薬として開発を進め、2009年に韓国でAGA治療薬として承認されています。AGA治療薬としての日本の臨床試験は2010年から開始し、今年9月に承認を得ました」(同社広報部)

 米国皮膚科学会が運営する医学雑誌『Journal of American Academy of Dermatology』のHPには、ザガーロの臨床試験データが公開されている。AGAやEDの治療を行なう池袋ユナイテッドクリニックの細田淳英院長がいう。

「917人の治験者に対して12週間もしくは24週間服用してもらい、直径2.54cm(1インチ)の範囲で服用前と服用後で基準値から何本増減したのか平均値を割り出したところ、ザガーロ0.5mgはプロペシア1mgに比べて1.6倍の発毛効果がありました。

 それだけでなく毛髪の太さでも1.45倍の効果が期待できるという結果になっている。ザガーロの優位性が示されています」

 前出の佐藤氏が補足する。

「AGAは軽症、中等症、重症の3つに分類されます。治験論文を読み解くと、プロペシアは軽症から中等症の方には効果がありますが、重症の方にはなかなか効果は認められません。

 これに対してザガーロは、症状が進行した方に効果がありそうな結果が出ている。薬効が高い分だけ中等症や重症の方々にも効果がある可能性があります。従来品では改善傾向の見られない人にとって、ザガーロは朗報だといえます」

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
そもそも薄毛は治るの?費用は? 専門医が素朴な疑問に回答
学会推奨度Aの育毛薬はフィナステリドとミノキシジルだけ
水虫薬飲んだら揚げ物控えないと吐き気や頭痛起こすケースも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP