ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「兜町の風雲児」と呼ばれた人物 東京地検捜査ターゲットに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年末に向けて盛り上がりを見せる株式市場の裏で、「兜町の風雲児」と呼ばれた男がひっそりと舞台から退場しようとしている。

 現在、東京地検特捜部が「秋の陣」と位置付ける大型捜査のターゲットに浮上しているのが“仕手筋の大物”加藤あきら(漢字は日の下に高)氏(74)だ。捜査関係者の話。

「東証一部上場の化学メーカーS社をめぐる株価操縦疑惑に関連して、今年3月、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(風説の流布)の疑いで加藤氏が運営する株サイト『般若の会』を強制調査。同監視委の告発を受けた特捜部が現在、関係者の事情聴取を急ピッチで進めている」

 2011年の東日本大震災直後、66円の安値を付けていたS社の株価は12月に915円と、9か月で13倍以上に大化け。株価急騰の背景に、加藤氏がサイトに「同銘柄が“大相場になる”と売買の過熱を示唆する書き込みをし、意図的に株価を釣り上げた」(前出・関係者)不正行為があったと当局は睨んでいる。

 投資家の欲を巧みに特定の銘柄に誘導し株価を操縦するのが仕手行為だ。これにより短期間で大きな利益を上げるのを目的とするが、兜町で「最後の仕手筋」(証券会社幹部)と目されてきたのが加藤氏だ。ジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。

「加藤氏は1970年代後半から1990年代前半にかけての仕手相場を代表する人物です。特にバブル期後半に仕掛けた東急電鉄株をめぐる仕手戦は、彼のキャリアのハイライトの一つ。

 加藤氏が戦略を練り、竹井博友氏や小谷光浩氏といった大物仕手筋と連携、広域暴力団・稲川会2代目の石井進氏も参加した。投下された資金総額は数千億円といわれ、バブル期を象徴する壮大な仕手戦を演出しました」

 彼が組織していた仕手集団は「誠備グループ」と呼ばれ、顧客には大物政治家や有名財界人の名が挙がっていた。1981年に所得税法違反で逮捕されるが、顧客名簿を隠し通したことで、業界の信頼を一気に集めた。

 最近は少額の投下資金で動かせる中小型株を扱い、確率と統計を用いた数学理論を仕手戦に取り入れていたとされるが、最後の判断は「加藤氏の勘と経験に依っていた」(前出・伊藤氏)という。

 自身のサイトなどを使い、投資家の射幸心を煽る情報を発信して相場を盛り上げ、利益を短期間で確定させる──株価を操る手口も昔と変わらなかった。

 バブル崩壊後も「最後の相場師」として活動してきた加藤氏だが、近年は加齢や持病による衰えから、都内で入院生活を送っている。

「糖尿病のほかに腎臓なども患っていて、週3回の透析は欠かせない状態。歩くのも摺り足で這うような動きで、時に車イスを使うこともある。それでも株をやめないのは“株が人生そのもの”だから。

 今回の当局の動きについて本人は、ネットで情報発信したことが風説の流布だと断定されていることに納得がいかないようで、病気を理由に特捜部からの事情聴取を拒否しています」(加藤氏の友人)

 加藤氏の体調が捜査の最大の壁となる中、特捜部は立件に意欲を見せている。

「加藤氏の仕手相場に投じられた資金の流れを解明することで、特捜部は政界やスポーツ界の大物にまで捜査の視野を広げたいとの意図を持っている。立件されようとされまいと、今回の捜査で加藤氏が株式市場の表舞台から身を退くことになる可能性は極めて高い」(前出・伊藤氏)

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松島みどり氏のうちわ配布事件 東京都選挙管理委員会の見解
「私は南野陽子の夫に290万円取られた」被害女性が涙の告発
現場の捜査経験乏しい 特捜部=「最強の捜査機関」はウソ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP