体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そのまま食べたくなっちゃう!?食品を使ったタイポグラフィアートが話題に

Sainsburys-Food-Typography-4

これまでに食品を使ったアート作品をいくつか紹介してきたが、その中でもこのシリーズは個性的。

コーヒーやチョコ、アンチョビなど、さまざまな食品を使って、その食品の文字(タイポグラフィ)を表現している。

Sainsburys-Food-Typography-3

手掛けたのは、イギリスのデザインスタジオ「Side by Side」で、イギリスのスーパーマーケット「Sainsbury’s」のプロモーション用ビジュアルとして制作。

質感を活かして描かれたフォントが、食品の魅力をダイレクトに伝えてくれる。

Sainsburys-Food-Typography-5 Sainsburys-Food-Typography-2 Sainsburys-Food-Typography-4 Sainsburys-Food-Typography-6

シンプルなアイデアでありながら、オシャレでスマートな作風が、見ていて飽きないユニークなアートシリーズ。

Side by Sideの高感度なデザインセンスからは、今後も目が離せない。

Side by Side
http://www.side-side.co.uk/

アート(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。