ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カリふわでアツアツのチキンがビールと相性抜群!韓国発のフライドチキン専門店「Kyochon」日本初上陸!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“チキン×ビール”の新文化がここに誕生!?韓国生まれの人気フライドチキン専門店「Kyochon(キョチョン)」が日本初上陸。第1号店となる「Kyochon 六本木店」が、11月26日に東京・六本木の外苑東通り沿いにオープンする。

「Kyochon」は1991年韓国で誕生し、現在は韓国国内に加え、米国、東南アジア各国に約1000店舗超を展開するフライドチキンブランド。

秘伝のソースで味付けしたチキンは、ビールとの相性抜群!厳選したチキンを2度揚げし、オリジナルレシピによるソースを1つ1つハケで塗って仕上げていくのが特徴で、これまでにない食感のフライドチキンが楽しめる。

カリカリな食感が特徴の腕の部位「ウィング」と、ジューシーな肉が味わえるももの部位「スティック」の2種類のチキンを、味の違うソースや衣といった4種の異なるテイストで味わえるのも特徴。

秘伝のオリジナルソース「キョチョンオリジナルシリーズ」は、醤油・ニンニクがきいた味わい。

「キョチョンハニーシリーズ」は、蜂蜜のほのかな甘味が鶏肉の味わいを最大限に引き立てている。

「キョチョンサルサルシリーズ」は、ライスフラワーを使用した、サクサクとした食感がクセになる美味しさ。

「キョチョンレッドシリーズ」は、辛さで有名な韓国産チョンヤン唐辛子を使用。

これらのほかにも、本格炭火で焼き上げるグリルチキン(ダッカルビ)をはじめ、バランスの良い定食やランチメニュー、野菜をたっぷり使用したサイドディッシュも提供するという。

カリふわでアツアツのチキンに、冷たいビールが進むこと請け合い!韓国発のフライドチキンを、ぜひお試しあれ!!

■「Kyochon六本木店」
住所:東京都港区六本木5-1-7ストリートビル1F・2F
営業時間:11時~4時
定休日:年中無休(年末年始を除く)
座席:80席

※オープン当日(11月26日)のみ17時オープン。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP