ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【まるでコーヒーメーカー感覚!】材料を入れてスイッチオンするだけ、自宅で簡単にビールが醸造できる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビール好きなら、「自分でビールをつくれたら……」なんて思ったことはないだろうか。

そんな人たちのために、家庭でビールを醸造できるツールが登場してきているが、オランダ発の「MiniBrew」もそんな1つ。

・コンパクトサイズの家庭用ビールメーカー

キッチンカウンターに置けるコンパクトサイズなのに、材料をセットするだけで、オートで醸造工程が完了し、まるでコーヒーメーカーでコーヒーをつくるような手軽さで、家庭でビールを醸造できるという。

本体の大きさは28 x 55 x 43センチメートルで、重さは8キログラム。5リットルのビールを醸造可能だ。本体内部にはセンサーとソフトウェアが組み込まれ、WiFi通信機能を保有している。

・材料を入れるだけ、すべての工程は自動で

使い方はいたって簡単。水と、ホップなどの材料を加えてスタートするだけ。すると「MiniBrew」が後は勝手に済ませてくれる。

材料のすりつぶし、蒸らし、冷却などの手順をオートで進めていき、およそ3.5時間以内にこれらの工程が完了。

その後は発酵の工程に入るが、ビールの種類によって異なるものの、1週間~くらいで醸造が完了するという流れだ。

・アプリから材料を直接購入できる

醸造工程は随時、専用のアプリでチェックできるほか、手順の説明を見たり、ビールのレシピを調べたりできる。さらに、ビール醸造に必要なホップや酵母などの材料を、アプリを通じて直接購入することも可能だ。

インディア・ペールエール、アメリカンペールエール、レッドアンバー、ピルスナー、ドイツ白ビールなど、あらゆるタイプのビールを醸造できるのも嬉しい。

また、セミオートの洗浄システムがあるのも便利な点。

ちなみに、加熱、冷却の工程では、食洗機程度の音がするものの、およそ30分ほどで終わるので、そう騒音は気にならないはず。

・Indiegogoで出資受付中

材料を入れてスタートするだけで、自宅でお手軽にクラフトビールがつくれる「MiniBrew」は、現在クラウドファンディングIndiegogoで出資受付中。

MiniBrew

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP