ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白ニット×デニムをおしゃれに着るには

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年は白ニットの当たり年。ほどよいボリュームのある白ニットをおしゃれに着こなしている子をよく街で見かけます。
なんてことないシンプルな白ニットでも、おしゃれな子が着ると、なぜかおしゃれに見えるのはなぜ? コーディネート?と思ってチェックしてみても、ただデニムと合わせているだけだったりも……。
なんてことない白ニット×デニムをおしゃれに着るには、こんなコツがあったのです。

「ゆる✖️ゆる」がキーワード

A photo posted by Ungrid official instagram. (@ungrid_official) on Oct 22, 2015 at 2:21am PDT

いまっぽくおしゃれに着こなすには、シルエットが肝心。上下ともゆるっとしたシルエット同士のかけあわせは、とくに今年注目のスタイリングです。
ゆるニット×バギーシルエットの組み合わせなら、余裕あるおしゃれ感をアピールできそう。ただし注意したいのは、だらしなく見えないようにすること。そのためには、上質に見える素材感のものを選んで。

インディゴに上品モヘアをイン

A photo posted by MOUSSY (@moussyofficial) on Oct 23, 2015 at 1:50am PDT

上品モヘアにマニッシュなデニムをあえて合わせるのも、いまっぽく仕上がるワザのひとつ。さらに上をいきたいなら、モヘアをデニムにインするスタイリングに挑戦してみて。
ニットすべてを入れ込んでしまうとウエストがもこもこしてしまって、まるでベイマックスのようになってしまうので……(笑)、フロントだけさりげなくインみるなど、工夫が必要です。

足もとは抜け感を大切に

A photo posted by zushe (@zushe) on Oct 22, 2015 at 11:26pm PDT

デザインディテールがあまりなく、ザ・シンプルな白ニットとデニムを合わせる場合はとくに、「抜け感」に気をつけたいところ。トライしやすい抜け感メイクは、足もとや手もとで叶えられます。
足首を少し出して、ヒール靴をはくなども簡単なワザです。袖をプッシュアップして華奢なゴールドアクセをチラ見せするだけでも、余裕あるスタイリングを演出することができます。
シンプルなアイテムだからこそ、スタイリング力が磨かれるってもの。アイテム自体に頼るおしゃれもいいけれど、「自分の着こなし」で勝負するおしゃれ、そろそろはじめてもいいかもしれません。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
猫の特性を見習えば、勝手にモテ女になれるのよ! #オネエ調べ
「男性ウケしない趣味」を彼に受け入れてもらうための方法
同棲解消したくなる、彼女の押しつけ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP