ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年収1600万医師も参加アラフォー限定街コン 37才女性体験談

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結婚観について、女性セブンが全国の35~44才の独身男女各100人にインターネットでアンケート調査を実施。すると、結婚「したい」けど「できなかった」女性のうち、「非常にしたい」人は20.5%、「いつかはしたい」人は36.5%との結果が出た。そんな結婚したい女子のひとり、37才の本誌独身記者がアラフォー限定街コン体験を報告する。

 * * *
 10月中旬、記者は銀座の雑居ビルの地下1階の貸し会議場に向かった。会費は男性5500円、女性2000円。

 受付で身分証明書を見せて、手続きを済ませて30畳ほどのフロアに入ると、壁際にソファがズラリと並んでいた。既に多くの男女が座り、プロフィールシートに記入している。男性はラフな服装が見られるが、女性はブランドのワンピースに身を固め、髪もしっかりセット、気合充分だ。

 記者も負けじとプロフィールシートをすみからすみまできっちり埋めて、開始を待った。最終的に集まったのは、20対20の40人。壁際の席に女性が座り、男性がその正面に座る。

 2分ほど話すと男性が右隣の席に移動する。いわゆる「回転寿司型」といわれる対話スタイルだった。シートを見せあって会話をしていく。氏名、年齢、職業、年収…。初めに話した男性は39才、身長185cmで北村一輝似のイケメンだった。しかも外資系勤務で年収1200万円。

「こういうイベントには何度か参加していますが、なかなか相手が見つからないんですよね。ゆっくり探そうと思っています」と、余裕の発言。45才で年収1600万の医師は、

「この年になってやっと、結婚したいと思い始めました。知的で、気遣いのできる女性がいいですね」

 などなど、男性陣のハードルは高そう。っていうか、記者を眼中にないのは、明白だった…。一通り回ると、自由に動けるフリータイム。すると男性陣は、20代にも見える美人女性に集中した。

 記者を含む取り残された女性集団から「あの子、本当は20代じゃないの? なんで来てるのよ!」など、愚痴が飛び交った。…女の嫉妬は醜い。

 そのうち、真っ白いワンピース姿の女性が私に「なんとか40才になる前に、結婚相手を見つけたい!」と言うと、“敵陣”に入っていった。たちまち撃沈したのは言うまでもない…。取り残された他の女性たちは、あぶれている男性に話しかけ始めた。

 若干理想とは違っても、なんとかカップルになろうという意気込みを感じた。男性より女性の方が積極的だ。フリータイムが終わり、最終的に気に入った相手の番号を書いて提出。5組のカップルが誕生したが、女性はすべて、若めだった。

 意気消沈した記者は残念会をしようと、同じく選ばれなかった女性に声をかけると、「今日はもう1つ、婚活イベントを入れているので」と断られてしまった。同じ日に2つとは。頑張れ、アラフォー独身女性! って私もそうか。

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
非婚・晩婚化「結婚したいけれどできない若者」が増えたため
結婚しないアラフォー 独身を謳歌したがる男性が大いに影響
京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP