体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゃりーぱみゅぱみゅ、「HALLOWEEN&TOKYO」SPサポーターとしてクリーン活動を呼びかけ

ハロウィン当日となる10月31日、すっかり日本のハロウィンの「顔」として定着したきゃりーぱみゅぱみゅが、自身がスペシャルサポーターを務める「HALLOWEEN & TOKYO」の出発式に出席した。

10月31日@「HALLOWEEN & TOKYO」 (okmusic UP's)

「HALLOWEEN & TOKYO」は、東京都が行なう東京の魅力を世界に発信する「東京ブランド推進キャンペーン」の一つで、東京で展開されるハロウィンイベントと連携しながら、各地でゴミをつめるとカボチャになる“カボチャのごみ袋”を配布し、仮装やパレードに参加して出たごみを詰めて持ち帰ってほしいと呼びかけるキャンペーン。期間中に、きゃりーぱみゅぱみゅが特別出演するCM映像やポスターが都内各所に掲出され、楽しくクリーンな東京の魅力が世界に発信された。

出発式に登壇したきゃりーぱみゅぱみゅは、「ハロウィンは自分らしさを表現できる、特別なイベント。遊んで楽しいとごみも出てしまうので、“カボチャのごみ袋”で東京の街をクリーンにしていただきたいと思います。」と語った。またステージ上では、事前応募した一般参加者に“カボチャのごみ袋”を直接手渡しし、「この“カボチャのごみ袋”で、東京の街をかわいらしく、クリーンにしてください!」と呼びかけた。

そして翌11月1日には、前日のイベントでの呼びかけに応じた多くの都民が、ごみ拾いボランティアを行なう特定非営利活動法人「green bird」と連携し、朝7時から都内4箇所で、“カボチャのごみ袋”でハロウィンで出たごみを拾い、たくさんのごみを飲み込んで丸々と膨らんだ “カボチャのごみ袋”が街角に積み上げられた。

■「HALLOWEEN&TOKYO」公式ページ 
http://andtokyo.jp/halloween/

10月31日@「HALLOWEEN & TOKYO」 (okmusic UP's) 10月31日@「HALLOWEEN & TOKYO」 (okmusic UP's) “カボチャのごみ袋” (okmusic UP's) “カボチャのごみ袋” (okmusic UP's) ごみ拾いボランティア (okmusic UP's)
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。