ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gionee、USB Type-Cを採用した「Elife S Plus」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本ではあまり知られていない中国メーカー Gionee が同社として初めて USB Type-C を採用した「Elife S Plus」を開発している模様です。Elife S は数週間中にインドで発売される予定で、現地では 16,999 ルピー(約 31,300 円)で販売されるそうです。Gionee 自身も Facebook などを使って「#SenseThePlus」のハッシュタグの付いた新機種の発売を予告しています。Elife S Plus を予告しているのでしょう。Elife S Plus については主要なスペック情報が伝えられており、 5.5 インチ HD AMOLED ディスプレイ、MediaTek MT6735 オクタコアプロセッサ、3GB RAM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,150mAh バッテリーを搭載しているそうです。Source : Phone Radar

■関連記事
2015年度上半期のスマートフォン出荷台数シェア、Androidは50%でiOSに並ぶ
GIFMeme : 簡単にGIFアニメを作成・共有できるアプリ
LoopWall : 様々な自然現象をループ動画にしたライブ壁紙アプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP